ほうれい線よりも老けて見える?マリオネットラインとは

年齢とともに気になるほうれい線ですが、
それよりも見た目を老けた印象にしてしまう「マリオネットライン」を知っていますか?
まるでマリオネット人形のような口元に見えるマリオネットラインは、老け顔の原因の一つです。
一体どうしてマリオネットラインができてしまうのでしょうか?

 

ほうれい線よりも老けて見える?マリオネットラインとは

 

マリオネットラインとは

マリオネットといえば、人形劇で使われる操り人形ですね。
マリオネット人形を想像していただくと分かるように、口元に縦線が入っています。
マリオネットラインはこの人形の口元のような状態で、唇の両サイドにできてしまう縦のシワです。
ほうれい線以上に目立ってしまうので、見た目年齢がグッと引きあがってしまいます。

 

マリオネットラインができる原因

マリオネットラインができる原因の一つは、表情筋の衰えです。
私たちの顔には様々な表情筋が存在しますが、年齢とともに衰えていきます。
皮膚を支える土台が衰えるということなので、肌が支えきれずにたるんでしまい、マリオネットラインが目立つようになっていきます。
口輪筋などの、口周りの筋肉が関係していると言われています。

次に、肌の老化があげられます。
コラーゲンやエラスチンといった肌の弾力やハリをキープする成分は、徐々に少なくなります。
加齢とともに減少しますが、紫外線をよく浴びる場合は、年齢を問わずこれらの成分が減少しています。
ハリや弾力が十分でないと、シワがもとに戻らずそのまま刻み込まれ、マリオネットラインが悪化していきます。

他にも、日常的な習慣もシワに関係します。
頬杖をよくついていたり、食事の際にあまり噛まないなどの生活を送っていると、マリオネットラインの原因になることがあります。
また強い圧でスキンケアを行うことも、皮膚をたるませることにつながります。
マリオネットラインができないようにするには、日常生活のクセを見直し、
スキンケアで弾力やハリをアップ、そして表情筋のエクササイズで筋肉を鍛えてあげることがとても大切になります。

 

まとめ

マリオネットラインだけではなく、顔にはほうれい線やゴルゴラインなど、様々なエイジングサインがあります。
同じ年齢でも見た目年齢に差が生まれるのは、こういったエイジングサインの有無であることがほとんどです。
いつまでも若々しい見た目をキープするために、マリオネットライン対策をおこなっておきましょう!