ただの脂肪じゃない?頑固な固太りの解消法

同じように太っている状態でも、その見た目やタイプによって痩せやすかったり、痩せにくかったりという特徴があります。
その中でも、ガッチリとした筋肉がしっかりとあって、太っているタイプの人は「固太り」といって、なかなか痩せにくいと言います。
とはいえ、タイプに合わせたダイエット方法で成果を出していけるので、諦めずに実践していきましょう!

 

ただの脂肪じゃない?頑固な固太りの解消法

 

 

固太りとはどのような状態か

見た目はどちらかというとガッチリとした印象で、触ってみるとブヨブヨと柔らかくなく、ガチガチに固いのが特徴です。
元々スポーツをしていた習慣がある人に多く、筋肉もありますがそこに脂肪がついて固くなった状態にあります。
筋肉の間に脂肪が霜降り肉のように入り込んで、固くなっているので、最も痩せにくいと言われています。
しかし固太りに適したダイエット方法を取り入れていくことで、その成果を期待することができるので安心してくださいね。
では固太りの解消方法について紹介していきたいと思います。

 

固太りを解消していくためには

固太りの人がなぜ筋肉が硬くなってしまうのか、という点ですが理由としては「血行が悪い」「むくみ」などが考えられます。
血液やリンパの流れが滞ってしまうと、老廃物が溜まりやすくなり、その上体が冷えて代謝も悪くなってしまいます。
血行が悪いことで固太りになっている可能性も十分に考えられます。

固太りの解消法としては硬くなった筋肉やセルライトを柔らかくしていくことで、運動の効果が期待できるようになります。
まずは固くなった筋肉を柔らかくほぐしていき、ヨガやウォーキングなどの有酸素運動も取り入れていきましょう。

・脂肪を柔らかくするリンパマッサージ
①足首まわりや足の甲から両手の指を使ってしっかりとマッサージを施していきましょう。
②次に、足首から膝裏にかけて下から上に流していくようにマッサージをしていきます。
③最後に膝裏からももの付け根まで流すようにマッサージをしていきます。
リンパ節がある膝裏や脚の付け根は、特に丁寧にマッサージを施していきましょう。
マッサージの力加減の目安としては、気持ちいいと思うくらいの圧で行っていくのが良いでしょう。

 

まとめ

固太りは固くなった脂肪を柔らかくし、有酸素運動を取り入れていくことが効果的だということがわかりましたね。
固太りはやせにくいからと、半ばあきらめていた人もぜひ今一度チャレンジしていってみてはいかがでしょうか。