痩せづらい固太りとは?原因と解消法

ダイエットをしてもなかなか痩せにくい、逆に痩せやすいなど、
太り方のタイプによって成果が違うことがあるのは知っていますか?
太り方のタイプによって、それに適したダイエット方法をしていくことで成果が出るのです。

 

痩せづらい固太りとは?原因と解消法

 

今回はそんな太り方の中でも、なかなか痩せにくいと言われる「固太り」について、
その原因や解消法などを紹介していきます。

 

固太りとは?

太っているとなるとぽっちゃりとしているイメージがありますが、固太りの見た目はガッチリしているのが特徴です。
元々スポーツをしていた経験がある人に多く、筋肉もありそこに脂肪がついて固くなっているというタイプになります。
筋肉の間に脂肪が入り込んで固くなっているので、さわると柔らかくなく、ガチガチとした硬さがあります。
 

 

固太りになる原因とは?

固太りの原因は、運動をしなくなってからも、していた時と変わらない食生活を送っていたり、
加齢などによって基礎代謝が落ちることで脂肪が増え、筋肉繊維と一緒になって脂肪が固くなってしまうことが原因です。
他にも冷えなどが原因で、血行やリンパの流れが低下して老廃物が溜まりやすくなり、
下半身が太くなってしまうという傾向もあります。
更に、血行不良と同時に起こりやすいがむくみが原因で、脂肪と結びついてセルライトが出来やすくなり、
さらにむくみを招くという悪循環を招いてしまいます。
そのことが原因となって、足が特に太く見えてしまうことにも繋がっていきます。

 

固太りの解消法とは?

まずは固くなった脂肪を柔らかくしていくことが大切です。
そのためにはマッサージやリンパマッサージがお勧めです。
お風呂上りの脂肪が柔らかくなっているときが効果的です。
気分もリラックスできますし、できれば継続して行っていきましょう。
他にも基礎代謝を上げていくために、ウォーキングやヨガなどの有酸素運動を取り入れていくのもお勧めです。
インナーマッスルを鍛えて基礎代謝を上げていきましょう。
脂肪を燃焼していくためにも、栄養がないと燃えにくくなるので、バランスの良い食事を摂取していくことも心掛けていきましょう。

 

まとめ

固太りについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?
ダイエット効果が得られなかった人などは、ぜひ試してみてはいかがでしょうか?
地道な努力が必要ですが、やって効果を発揮していくためにもコツコツとトライしていきましょう。