老化のサイン!?フェイスラインの崩れを防ぐには

ふとじっくり鏡を見ながらなんだかフェイスラインが崩れてきたな...。と感じたことがある人はいませんか?

 

老化のサイン!?フェイスラインの崩れを防ぐには

 

それは老化のサインかもしれません。
加齢とともにあちこちにでてくる老化のサイン。
ここではフェイスラインの崩れとその原因や予防法などを紹介していきたいと思います。
 

フェイスラインが崩れる原因とは?

フェイスラインが崩れてくる主な原因として「加齢」が挙げられます。
肌は表皮・真皮・脂肪などの順番で成り立っており、その下に筋肉が存在しています。
また肌には真皮を支えているコラーゲンとエラスチンという成分がありますが、
年を重ねるとともに減少していく傾向にあり、50代ではなんと20代の半分ほどの量まで減少してしまいます。
また量だけではなく質まで低下してしまう為、ハリや弾力がなくなり、フェイスラインの崩れが進行していくのです。
 

フェイスラインの崩れを防いでいくには?

あごの筋肉が年齢とともにたるんでいくと顔全体の筋肉の力が低下し、フェイスラインの崩れへと繋がってしまいます。
まずは「あいうえお体操」であごの下にある筋肉や表情筋鍛えて、頬のたるみを防いでいきましょう。

①大きく口を開けていき、「あ」の口にして10秒間その状態をキープしていきます。
②つぎに同じように今度は「い」の口にして同じように行っていきましょう。
③同じようにして「う・え・お」まで口を動かしていきます。
 いつも発音している口よりも思いきり口を動かして開いていくことがポイントです。

次に口周りの筋肉を鍛えていき、ほうれい線を予防していく「舌まわし体操」を紹介していきます。
①くちは閉じた状態で、舌を歯に沿って歯茎を優しくゆっくりなぞっていくように左に20回ほど回していきます。
②同じようにして今度は右回しを20回していきましょう。
③左右20回を1セットとして1日に3回ほど行っていくのが効果的です。
慣れないうちは無理に回数を守らずに、できる範囲の回数で行っていくのが良いでしょう。
慣れてきたら徐々に回数を増やしていくことをお勧めします。

 

まとめ

加齢によるフェイスラインの崩れについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。
加齢とともに筋肉はどうしても衰えていき、フェイスラインの崩れに繋がってしまうので、
それを防いでいでいく為にもぜひここで紹介した予防法を実践してみてはいかがでしょうか。
場所や時間を選ばずに手軽にできるので、美しいフェイスラインを手に入れるためにもぜひ実践してみましょう。