美顔器に使うのはローション?ジェル?適した化粧品とは

美顔器を使用する際には、その美顔器のみ使用するのでは効果がでなく、
化粧品と一緒に使用することでその効果を発揮するというものがあります。
さらにそれぞれの美顔器の種類によって、適した化粧品は異なってくるので使い分けていくことが大切です。
ここでは美顔器に適した化粧品などについて紹介していきます。

 

美顔器に使うのはローション?ジェル?適した化粧品とは

 

使用する際に化粧品が必要になる美顔器のタイプとは?

まずは「イオン導入」タイプの美顔器が挙げられます。
イオン導入は微弱な電流を肌に流すことで、普段のスキンケアでは届かない肌の各層にまで、美容成分を浸透させることができます。
「イオン導出」はイオン導入とは逆に、微弱な電流を肌に流して普段のスキンケアでは落とせない汚れを、取り除くことができる機能です。

イオン導入には電気を通しやすい液体タイプの化粧品が最適で、油性やジェルなどの粘度の高いものは適していません。
また「超音波美顔器」も使用の際には化粧品が必要となります。
超音波美顔器は、超音波による振動でマッサージを施していき、刺激を与えて人の手では改善困難な肌の部位も改善していくことが期待できる美顔器です。
専用のジェルを一緒に使用していくことで、保湿やシワ効果などを期待することが出来ます。

 

それぞれどのようなタイプの化粧品がお勧めか?

「イオン導入」にお勧めの化粧品ですが、イオン導入は全ての化粧品が使用できるというわけではありません。
使用できる化粧品は、肌に導入することができる分子の小さい成分の化粧品に限られます。

特にお勧めの化粧品の美容成分は、「ビタミンC誘導体」です。
抗酸化作用によるアンチエイジングとメラニンの生成を抑えることが期待できる成分になります。
その他にも「プラセンタ」「トラネキサム酸」「グリシルグリシン」「成長因子」などの美容成分がイオン導入と相性が良く、お勧めです。

 「イオン導出」は、イオン電流を通すことができるのは水分になるので、イオン導出を施していく際には水か化粧水を使用していくことになります。
化粧水の場合は基本的にはどんなものでもイオン導出しますが、無香料・無着色でノンバラベンなど、なるべく肌に負担のかからないものがお勧めです。

 「超音波美顔器」では、水溶性や油性を問わずさまざまな成分を浸透させることができるので、
分子量が大きく肌に塗っていく方法では吸収しにくい成分も浸透させることができます。
そのままでは肌に浸透しにくいビタミンC・ビタミンE、また肌のバリア機能を高める効果が期待できる、セラミドなどの美容成分もお勧めです。

自身の肌に期待したい効果を持っている化粧品を選んでいくと良いでしょう。
ただ超音波美顔器やイオン導入器を使用した場合、防腐剤や香料などの添加物も肌の奥まで浸透しやすくなっています。
添加物は肌トラブルの原因に繋がってしまうことがあるので、できるだけ余分な成分の入ってない化粧品を選出していきましょう。

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?