脱毛するとワキガになる!は本当?その真相は

脱毛をするとワキガになる、または脱毛をして脇のニオイが気になるようになった、というのを聞いたことはありますか?
脱毛をするとワキガになってしまうのか、これはかなり気になる点ですよね。
ここではワキガについてや、脱毛をするとワキガになるのか?などについて解説していきたいと思います。

 

脱毛するとワキガになる!は本当?その真相は

 

ワキガとは?

エクリン腺から出る汗はほとんどが水分で汗と一緒に皮脂角質が流れ出て、
これらを雑菌が分解することにより汗の臭いが発生します。

ワキガとは、アポクリン腺と呼ばれる汗を出す器官から出た汗の成分に含まれている、
タンパク質や脂分などが皮膚の雑菌によって酸化・分解された際に発生するニオイのものになります。
その結果としてツーンとするようなワキガ臭が発生するのです。

 

 

脱毛とワキガの関係とは?

結論から言いますと、脱毛でワキガになるということはなく、むしろニオイは減ります。
雑菌が毛穴の毛根に繁殖することでそれがニオイの原因となり、異臭を放つという仕組みになっていますが、
脱毛によって毛根がなくなるので、雑菌が減ってニオイは軽減するのです。
脇毛などが少々でも残っていると、異臭の成分が毛につきやすくなるので、脱毛はとてもお勧めであると言えます。

脱毛によってニオイが強くなると感じた人がいる理由について考えられる原因としては2つ挙げられます。
まずは「脱毛後に汗が増えた人」「毛穴の老廃物によるもの」です。

脱毛によって脇毛がなくなると、汗の流れを止めるものが無くなるため、汗が流れ落ちる感覚を感じることがあります。
そのため汗がなんとなく増えた、と感じる意見に繋がると考えられます。
また脱毛の刺激によって一時的に汗が増える場合もあります。
ただ脱毛によって一時的に汗の分泌が増えても、それは一時的な症状なので次第に治るとされています。

脱毛後でも毛穴に皮脂や老廃物が溜まってしまっていてそれが酸化することで臭いが発生してしまう場合があります。
脱毛後に毛穴の状態をよく観察しておくと良いでしょう。
毛穴に詰まりを発見したら、毛抜きで搾り出してみるか、皮膚科で毛穴を開く処置をしてもらうと簡単に治るのでお勧めです。

 

まとめ

ワキガを脱毛の関係などについて紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?
ワキガは汗の腺に関しても、成分に関しても異なることを知ることができましたね。
脱毛をするか否かで迷っていた人も脱毛でワキガになる可能性はないので安心ですね。