美肌のために習慣づけたい!肌摩擦を防ぐ方法

メイク落としやスキンケアの際には、肌の摩擦を意識して行っていますか?
肌をこするのはよくないとは聞いたことがあるかもしれませんが、
実際にそれを意識してケアを行っている人は意外と少ないのではないでしょうか。
ここでは摩擦による肌への影響や摩擦を防いでいく方法などについて紹介していきます。

 

美肌のために習慣づけたい!肌摩擦を防ぐ方法

 

摩擦が肌へ与えてしまう悪い影響とは?

まずは肌への摩擦によって、紫外線を浴びた時と同様に外的刺激から肌を守ろうと、メラニン色素を増殖させます。
そのことによって、茶色いシミができてしまうことがあります。
特に下着のゴムなどが毎日当たっているデリケートゾーンやウエスト部分は黒ずみができやすい部分となっているので思い当たる人が多いかもしれません。
その他にも肌への摩擦が原因で乾燥肌になってしまう場合があります。
角質層が肌への摩擦によってめくれ上がってしまうと、肌のバリア機能が低下し、角質層に水分を保持しておくのが困難となります。
本来ならばこの角質層では角質細胞の間で、セラミドが水分を保持する役目を果たすのですが、
角質層がめくれ上がった状態ではセラミドの流出が進行し、水分を保持することができなくなってしまうのです。

またスキンケアの際などによる肌への摩擦によって、角質層が剥がれてしまい肌が傷ついて肌荒れを起こす原因につながる場合があります。
角質層が剥がれてしまうことによって、肌は刺激に敏感になり、赤くなったりかゆみがでてしまったりと肌トラブルを招いてしまいます。

 

美肌を保つために心掛けたい摩擦を防ぐ方法とは?

スキンケアは特に毎日行っていくものなので、摩擦を軽減した方法を重視して行っていく必要があります。

摩擦を起こさないスキンケアの方法について紹介していきます。
①洗顔料は良く泡立てて、泡の弾力で洗っていくことを意識していきましょう。
 泡だてることで肌と手の間にクッションができるので、摩擦を軽減することができます。
②皮脂が特に多く分泌される、Tゾーンから優しく洗っていきます。
 小鼻はくるくると指で優しくマッサージするように洗っていき、頬については皮脂はでていない場所になるので、泡を
 乗せていくようなイメージで洗っていきましょう。
③ぬるま湯で手は動かさす、湯を顔に付けるような感覚で、十分にすすいでいきましょう。

その他にも日々の習慣で気を付けていきたい項目としてはマスクの着用があります。
マスクも下着同様、肌へ密着している部分が肌へダメージを与えてしまい、肌トラブルの原因となってしまいます。
マスクのつけっぱなしはしないように注意していきましょう。
風邪や花粉の季節などは強い味方となってくれますので、そのような時にはコットンタイプのものを選んだりなど素材に注意してマスクを選んでいくと良いでしょう。
 

この内容で送信します。よろしいですか?