肌の摩擦による色素沈着は改善できる?

肘や膝、デリケートゾーンなどに出来てしまいがちな色素沈着ですが、
その原因として肌の摩擦が挙げられるのは知っていますか?
色素沈着はできてしまうと放っておいてもなかなか治りにくいものですし、
なんだかシミができたみたいで悩みの種ですよね。
ここでは色素沈着のしくみや、予防・改善方法について紹介していきたいと思います。

 

肌の摩擦による色素沈着は改善できる?

 

摩擦により出来てしまう色素沈着のしくみとは?

色素沈着ができてしまう原因として主に紫外線による日焼けが挙げられますが、肌への摩擦もこれと同じ仕組みで黒ずみになってしまいます。
肌が摩擦など外的刺激を受けると、肌自身が自分を守ろうとしてメラニン色素を生成させます。
本来ならばこのメラニン色素は肌のターンオーバーの過程で剥がれ落ちることもあるのですが、
ターンオーバーの周期が衰えているなどの理由によって、色素沈着を起こしてしまいます。
特に身体の部位の硬くて出っ張った部分や皮膚の薄い部分については、外的刺激からくる黒ずみに注意する必要があります。

 

色素沈着を予防、悪化させないようにするには?

ターンオーバーを正常化し、なるべく肌を生まれ変わらせるようにすることが、色素沈着の予防へと繋がります。
そのためには「バランスの良い食事」「質の良い睡眠」「ストレスを溜めない」ことが大切になってきます。

その他にも肌のターンオーバーが遅れていると感じたら、定期的にピーリングを施していくこともお勧めです。
自宅にあるもので手軽にできる「ヨーグルトピーリング」を紹介していきます。
①洗顔後に肌にヨーグルトを伸ばしていきます。
②5分ほどおいて洗い流していきましょう。
このとき使用するヨーグルトは市販の普通のヨーグルトで、
できればあまりゆるくないタイプのものを選んでいくと、肌に塗りやすいですよ。
頻度としては肌の様子を見ながら週に1、2回行っていくと良いでしょう。
美白効果が期待できますし、ハチミツを混ぜて行っていくと保湿効果も期待できます。

 

色素沈着の改善方法とは?

色素沈着を改善していくには、その原因であるメラニン色素を撃退し、
メラニンの生成を抑えていくために肌のバリア機能を高める保湿を施していくことが重要になってきます。

美白保湿効果の高い成分の入っている化粧水として「メラニンの色素を薄くする成分」「保湿効果の高い成分」について紹介していきます。
メラニン色素を薄くする成分として代表的なものは、「ビタミンC」「アルプチン」「コウジ酸」が挙げられ、
保湿効果の高い成分としては「プラセンタ」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「セラミド」などが挙げられます。

上記の成分が網羅された化粧水を選んでいき、日々のスキンケアに取り入れて色素沈着を改善していきましょう。

この内容で送信します。よろしいですか?