ゴシゴシは厳禁!摩擦による肌トラブルとは

女性にはTROに応じてメイクは必須ですよね。
丁寧に施したメイクですが、それを落としていく際にはどのようにしていますか?
ついつい力を入れてしまってゴシゴシ素早く落としてしまってはいないでしょうか?

 

ゴシゴシは厳禁!摩擦による肌トラブルとは

 

お肌はとてもデリケートなので、そのような摩擦は肌にとってよくない影響を及ぼしてしまいます。
摩擦が肌に与えてしまうトラブルとはどのようなものがあるのでしょうか?
 

摩擦による肌へのトラブルとは?

メイクを落とす時についつい力を入れてしまいがちですが、肌を強くこすっていると「シミ」の原因となってしまいます。
シミの原因としてはいくつかあり、紫外線によりメラニン増殖によるシミ、ホルモンバランスの乱れによるシミ、そして肌への摩擦によってできるシミがあります。
摩擦によって肌の内部に炎症が起こってしまい、肌を守るメラニンが増殖しシミを作ってしまいます。
他にも摩擦が原因で「乾燥肌」になってしまうこともあります。
摩擦によって角質層がめくれあがり、バリア機能が低下して角質層に水分を保有しておくのは難しくなります。
角質層がめくれ上がった状態ではセラミドの流出が進んでしまい、角質層の水分は留めておけなくなるのです。
また継続的な肌への摩擦が「黒ずみ」を作ってしまう場合もあります。
下着のゴムが当たるウエスト部分などに黒ずみができてしまっている、なんて経験がある人はいませんか?
皮膚の特に薄いまぶたの周りは、擦りすぎると黒ずみのリスクが高いので注意が必要です。

 

摩擦が起きないようにしていく方法とは?

肌を摩擦しないように気をつけたいシチュエーションと摩擦が起きないようにする方法について紹介していきます。
まずは洗顔時です。
泡をしっかりと立てていき、泡の弾力で優しくマッサージするように洗っていきます。
指先や手のひらで擦って洗う方法は肌に負担を与えてしまうので、人差し指・中指・薬指の3本の先端だけを使うようにして、
泡を優しく転がしていくように洗うよう意識してみましょう。

スキンケアの際に手で塗布していく場合には、豆腐の上を滑らせていくようなイメージの力加減がお勧めです。
コットンを使用していく場合は、刺激の少ない柔らかいコットンを選んで使っていくようにすると良いでしょう。

また血行促進や顔のむくみとりなどで顔のマッサージを施している人も多いかと思います。
肌への刺激を避けるためにもマッサージクリームやジェルの使用は必須です。
またマッサージの際には肌を傷つけてしまわないように、必ず指の腹を使って優しく施していくようにしましょうね。


 

この内容で送信します。よろしいですか?