これも年齢のせい?加齢で顔が大きくなる原因

何年かぶりに友人に再会したら若い頃は小顔な印象だったのに、なんだか顔が大きくなった?
などと違和感を感じたことがある方はいませんか?

 

これも年齢のせい?加齢で顔が大きくなる原因


実はこれは気のせいではなく、加齢とともに少しずつ顔が大きくなっていくのです。
これは驚きですよね。ではなぜ加齢とともに顔が大きくなるのでしょうか?
ここで詳しく紹介していきたいと思います。
 

加齢で顔が大きくなる原因は?

20代まではよかったものの、30代になって意識していきたいのがフェイスラインです。
30代40代と加齢に伴ってコラーゲンが大幅に減少していきいます。
コラーゲンが減少することによって今まで支えていた筋肉などを支えきれなくなり、
それに伴って頬の脂肪が下がっていき、フェイスラインが崩れ顔が膨張したように大きくなってしまいます。

他にも顔の表情筋の衰えによるたるみも原因のひとつとして挙げられます。
顔の筋肉は身体の筋肉と比べて薄く繊細なつくりをしています。
そのため、顔は身体に比べて筋力が低下しやすいという特徴があります。
顔の筋肉の衰えはたるみを招き、さらに余分な脂肪もつきやすくなってしまいます。
身体の筋肉とは違って日常的に使われることが少ない顔の脂肪は、一度ついてしまうとなかなか落とすのが困難な場所です。

 

加齢により顔の膨張を防ぐには?

皮膚の下にある表情筋はとても薄く、ちいさな筋肉なので鍛えると即効性が期待でき、
表情筋を普段からよく使っているか否かで顔つきも変わってきます。

まずは表情筋を鍛えてシャープなフェイスライン効果を得ていきましょう。

「あいうえお体操」
①口を大きくゆっくりと開けて「あ」と発音していきます。この時目は大きく見開いて、口もできる限り大きく
 開いていくようにするのがポイントです。
②同じようにして「い~お」までゆっくり丁寧に表情豊かに動かしていくのを意識しながら発音していきましょう。

「舌の上下運動」
①目をしっかりと見開いた状態で、下を上下と左右20回ずつゆっくりと動かしていきましょう。
②同じようにして上・右・下・左とゆっくり回していき、逆回しもしていきます。
 目安としては1分間くらいで行っていきましょう。

「目の運動」
①目線を上・左斜め上・左・左斜め下・下・右斜め下・右・右斜め上と筋肉を意識しながらゆっくりと動かしていきましょう。
 このとき眉はできるだけ動かさないように注意しましょう。
 この動作を3回繰り返していき、慣れてきたら10回ほどを目安に行っていくとよいでしょう。
このようにして表情筋を鍛えていくことで、血行改善につながりむくみの改善や目の下のたるみ予防、頬のリフトアップ
にも繋がってきます。

 


慣れてくれば家事をしながらでも可能なのでできれば毎日継続していき、綺麗なフェイスラインを維持していきましょう。