二重あごはフェイスラインのたるみが原因?対策法とは

最近なんだかあごのラインにしまりがないなぁ...。などと気になっている人はいませんか?
それはあごや顔周りにおけるたるみが原因かもしれません。
気を抜いていたりあくびをしたりすると二重あごになってしまう...。

 

二重あごはフェイスラインのたるみが原因?対策法とは

 

太ったのかと思うかもしれませんが、必ずしもそれだけが原因ではありません。
ここで二重あごの原因や改善方法について紹介していきます。

 

 

二重あごはどうしておこるのか?


太ることで二重あごになることももちろんありますが、実は日常生活でのクセも二重あごの原因になっていることがあります。
ぜひチェックしていきましょう。
まずは二重あごの原因として「姿勢が悪い」が挙げられます。
普段猫背でいることが多かったりすると、顔が下向きになってしまうためあごや頬がたるんでいってしまいます。
また最近ではスマートフォンを使用する時間も長くなってきています。前傾姿勢になってしまうのであごがどうしてもたるみやすくなってしまいます。

次に「表情筋の筋力低下」が挙げられます。
最近たくさん笑っていますか?
加齢とともに表情筋の筋力は年々低下していきます。
頬からあごにかけては特に脂肪が厚くなっている部分なので、表情筋の筋力が低下すると脂肪が支えられなくなってしまいます。
その結果二重あごへと変化してしまうのです。

 

 

二重あごの改善方法について


では日常生活で気を付けていくべきこととして、どのようなことがあるのでしょうか?

まずは姿勢を整えていきましょう。
スマートフォンを使用していく際にはまず片手で持ち、目線の高さまで持ってきましょう。
もう片方の手はスマートフォンを持っている腕を支えるように、脇の下や身体と肘の間に差し込んでみましょう。
スマートフォンを自分の目線に合わせて姿勢を正していくのがポイントです。
意識して姿勢を正していってみましょうね。

つぎに表情筋を鍛えていく効果のある、エクササイズについても紹介していきます。
まずは上を向いて下を突き出していき、左右に動かしていきましょう。
だいたい30回ほど動かしていきます。
このときあごや首の筋が伸びていることを意識しながら動かしていくのがおすすめです。
30回を1セットとして1日3セットほどしていくのがよいでしょう。
少しづつ筋肉がついていき、たるんだ皮膚が引き締まってきて徐々に二重あごの解消が期待できるかと思います。