いつまでも若々しくいたい!50代のたるみ改善法

同じ年齢でも、若々しい印象の方とそうでない方がいますが、どうして違いがあるのでしょうか?
よく顔を観察してみると、年齢を感じさせる方にはたるみができていることが多いです。
どんなに年齢が若い人でも、口元にたるみがあるだけで一気に老けて見えます。

 

いつまでも若々しくいたい!50代のたるみ改善法

 

その一方で、年齢を重ねていても、たるみが少ないだけで若々しくみられることができます。
たるみが増えていく50代には、しっかりと対策をとることが大切ですよ!

 

 

50代に多いたるみの種類


50代になり急激に増えるのが、肌の弾力の低下によるたるみです。
肌の真皮層には、コラーゲンやヒアルロン酸といった成分が存在し、これらが肌のハリや弾力を保っています。
しかし、紫外線や生活習慣、乾燥などの要因で、生成量が少なくなってしまい、肌の弾力が徐々に保たれなくなってしまいます。
それだけではなく、加齢とともに量も減っていきます。
40代を超えると、ヒアルロン酸は赤ちゃんの約半分にまで低下すると言われているので、その影響は絶大です。

表情筋や深層筋の衰えも、たるみを引き起こしてしまいます。
皮膚の下にある表情筋は、脂肪や皮膚を支える役割を果たしています。
深層筋は血液を顔に行き渡らせる役割を果たしており、この筋肉が衰えることで、肌に栄養が行き渡らなくなります。
これらの筋肉が低下すると、肌を支えられなくなり、重力に負けてたるむが生じます。

 

 

50代がたるみを改善するには


弾力やハリを保つ成分は、年齢とともに必ず減少します。
それを補うために、スキンケアで肌に成分を取り入れていきましょう。
保湿力の高いヒアルロン酸や、コラーゲンの生成に関わるビタミンC誘導体などが含まれるコスメをチェックしてみましょう。
合わせて、肌の状態を悪くする紫外線をしっかりブロックしてください。
両軸から対策をすることで、肌状態を改善していくことができます。

たるみを引き上げるには、筋肉を鍛えてあげる必要があります。
ペットボトルを使ったエクササイズや顔ヨガ、「あいうえお体操」など、様々な表情筋エクササイズが存在します。
どれも簡単にできる内容ばかりなので、ぜひやってみてくださいね。

 

 

まとめ


たるみ知らずの美肌になれば、若々しい生き生きとした見た目に変わっていきます。
たるみを改善しようと無理やり引き延ばすと、肌に負担がかかって症状が悪化する場合があります。
正しい方法でケアを行い、たるみを改善&予防していきましょう!

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?