40代に増えるたるみの悩み。原因と改善法は?

20代から30代、30代から40代と、徐々に老けていく見た目。
ごまかすことの難しい40代のたるみには、根本的な改善がポイントとなってきます。
いつまでも美しくいられるように、しっかりと対策をとってあげましょう。
 

40代に増えるたるみの悩み。原因と改善法は?

 

 

40代に多いたるみの種類


40代のたるみの原因は、水分とコラーゲン量の低下です。
年を重ねるにつれて徐々に減っていくものですが、40代には急激に減少していきます。
コラーゲンは肌の弾力を保つために必要な成分なので、肌を支えることができず皮膚がたるんでしまいます。
口元や目元、フェイスラインだけではなく、たるみ毛穴にもつながります。

皮膚以外にも、脂肪によるたるみもあります。
骨や脂肪、皮膚をつなぐために、線維組織が存在して支えています。
いわば糊のような役割を果たしていますが、脂肪の重みに耐えられず線維が伸びてしまい、脂肪の塊がズレ落ちてしまいます。
その結果、ほうれい線やマリオネットラインができてしまいます。

もちろん、表情筋の衰えによるたるみも存在します。
筋力が低下してしまうと、たるみだけではなく表情にも影響が出てきてしまいます。
口角が下がったり、ムッとしたような口元になってしまうため、暗い印象を与えてしまうこともありますよ!

 

 

40代がたるみを改善するには


まずは、肌に足りていない成分をチャージしてあげましょう。
ヒアルロン酸やアミノ酸、コラーゲンなどの肌を作り上げる成分を補うことがポイントです。
保湿効果の高いヒアルロン酸や、コラーゲン生成を促進するビタミンC誘導体などの成分が含まれた化粧品を使ってあげましょう。

重力に負けないように、日頃から顔に老廃物を溜めないことも大切です。
顔のリンパマッサージを行い、老廃物を流してあげましょう。
リンパマッサージの方法を間違えると、皮膚をたるませる原因になることもあります。
皮膚にダメージを与えないように、正しい方法で行ってください。

最後に、表情筋を鍛えてたるみをキュッと引き上げてあげましょう。
足などに比べて筋肉が薄いため、比較的効果が出しやすいと言われています。
ほうれい線を解消するには、口の内側から舌先で円を描くようにプッシュするエクササイズがおすすめです。
顔全体であれば、「あいうえお体操」も効果的ですよ。

 

 

まとめ


年齢とともにたるみは必ず生じてしまいますが、進行を遅らせることはできます。
たるみの原因をしっかりと理解した上で、対策をとってみてくださいね!