30代、たるみが気になりだしたらするべきことは?

ふと鏡にうつる自分の顔を見たとき、たるみが気になることはありませんか?
何もしなくてもハリがあった20代とは異なり、30代は徐々にエイジングサインが出てくる年齢になっています。
たるみが進行する前に、対策をしっかりとしておきましょう!

 

30代、たるみが気になりだしたらするべきことは?

 

 

もしかしてたるみが始まっている?たるみの兆候とは


まずはほうれい線に目を向けてみましょう。前よりほうれい線が深くなっていませんか?
口元から小鼻の横にかけてできるほうれい線は、皮膚が緩んでしまうことで溝が深くなります。
メイクのときに、口元をしっかりとチェックするようにしてください。

次にフェイスラインです。
年齢とともに輪郭がぼやけてしまうことが多いですが、このフェイスラインにもたるみの兆候が隠れています。
顎下や横顔、様々な角度で確認をして、フェイスラインがはっきりしていないと、たるみが徐々に起こり始めている可能性が高いです。
脂肪がついたせいかな?と感じますが、太ってしまったことではなく、年齢によるたるみが進んでいる可能性があることも念頭においてください。

 

 

たるみを加速させないための予防法


たるみの原因の一つが、表情筋の衰えです。
顔には多くの筋肉が存在し、それが土台となって脂肪や皮膚が支えられています。
しかし他の部位と同様に、使わなければ筋肉は衰えてしまいます。

表情筋の低下を防ぐためにも、表情筋のトレーニングを行うのがおすすめです。
「あいうえお体操」は、簡単に表情筋を鍛えられるエクササイズになります。
大きく口を動かして、あ~おまで形を作ってあげましょう。これだけでも、表情筋に刺激を与えることができます。

次に、スキンケアの見直しを行います。
肌の弾力をキープするには、コラーゲンがポイントになってきます。
コラーゲン生成をサポートする、「ビタミンC誘導体」が含まれた化粧品を使ってみましょう。
合わせて、肌の弾力を低下させる紫外線対策を行います。
スキンケアだけ行っていても、紫外線のダメージが蓄積してしまうと効果が出ません。
両方を同時に行うことで効果が発揮されるので、しっかりとケアするようにしましょう。

 

 

まとめ


写真の口元に線を入れると分かるように、たるみは見た目年齢をグッと引き上げてしまいます。
逆に言えば、たるみ予防をしっかりと行っていれば、年齢よりも若く生き生きとした印象の見た目になります。
エクササイズもスキンケアも、日々の積み重ねが大切です。
早めのたるみ予防で、肌の弾力をキープしてあげましょう。