そのほうれい線、顔に溜まった老廃物やむくみが原因かも!

朝のメイクの時は気にならなかったのに、夕方鏡をみたらなんだかほうれい線が目立っているきがする!
なんて感じたことがあるひとはいませんか?
もしかしたらそれは顔のむくみが原因のほうれい線かもしれません。

 

そのほうれい線、顔に溜まった老廃物やむくみが原因かも!


では、顔のむくみとほうれい線にはどのような関係があるのでしょうか?
ここで詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

むくみや老廃物がほうれい線の原因となる理由とは??

 


むくみの正体は「水分」や「老廃物」にあります。
就寝中は重力に対して水平になっているので、寝ている間は顔の全体にまんべんなく水分が行き渡っています。
そのため、起きたばかりの朝はほうれい線が目立ちません。
しかし日中は頭を起こして活動しているので水分は下のほうに溜まってきます。
夕方ほうれい線が目立って見えるのはこの影響が原因だったのです。

そのほかにの顔がむくむ原因は「塩分のとりすぎ」「猫背」「運動不足」「身体の冷え」「睡眠不足」などが挙げられます。
顔がむくむと身体の巡りが滞って老廃物がたまりやすくなってしまいます。
その重みによってほうれい線ができてしまうのです。

 

 

 

顔のむくみや老廃物を解消するには??

 


顔がむくんでしまっているときは、朝のうちからリンパマッサージを施していくことで、夕方のむくみを軽減していくことが可能です。

まずクリームやオイルなどですべりをよくしていきます。
顎からほうれい線を通ってこめかみに向かって引き上げていきましょう。
このとき5本の指の腹を使って引き上げていきます。
これを10回ほど繰り返しおこなっていきます。
次にこめかみから耳の後ろ、首を通って鎖骨まで引き下げていきましょう。
こちらも10回ほど行って行きます。
これを施すことで顔の下半身に溜まっているむくみを鎖骨まで流していくことが期待できます。
顔色がよくなり顔がぽかぽかしてきますよ。
できればマッサージの前にホットタオルなどを顔に30秒ほど当てていきすぐに冷水で洗顔してから
始めると血行を促してからスタートできるのでおすすめです。

 

 

 

まとめ

 


ほうれい線とむくみの関係について紹介していきました。
むくみの原因や解消方法も知ることができたので、むくみ対策を行っていけそうですよね。
ほうれい線を年齢のせいだと思ってあきらめずに、むくみケアをぜひ実践してみましょう。
マッサージもぜひ手軽にできるのでメイク前の習慣にしてみてはいかがでしょうか。