ほうれい線をすぐに消したい!応急処置方法とは

翌日が大切な日なのにほうれい線が気になって仕方ない!!
明日までにはなんとかしたい!!
なんて悩んでいたことはありませんか??
 

ほうれい線をすぐに消したい!応急処置方法とは

 

実はエクササイズやマッサージで一時的に目立たなくなる方法があるのです!
今回はその方法について詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

ほうれい線に効く表情筋エクササイズ


ほうれい線を目立たなくするには、まず首の凝りをほぐして表情筋のたるみを改善していきましょう。
たるみ肌は、首の後ろが凝っていると顔の皮膚を引っ張る力が弱くなってしまうこともひとつの原因となります。


①首をゆっくりと右に3回左に3回まわしていきます。

②頭の後ろで両手を組んでいき、手で頭を押しながら少々痛みを感じる程度のところで10秒停止します。

③頭を上げて天井を向いたら口の中を膨らませて10秒停止します。

④一度休憩して呼吸を整えたら再度口を膨らませて①と同様に首を左右に回していきます。
左右を切り替えるタイミングで呼吸を整えるようにしていきましょう。

 

 

ほうれい線のほぐしマッサージ

 


翌日までにほうれい線をなんとかしたい!という場合は、エクササイズに加えてマッサージを施すこともプラスしていくと、より効果が期待できるのでおすすめです。
①ほうれい線がある裏側の口の中に親指を入れていき、その場所にさらに外側から人差し指をのせていきます。
ほうれい線を内側から親指と外側から人差し指で挟んでいる状態になります。
②時間をかけてゆっくりと、ほうれい線が伸びている鼻の脇からほぐしていくような感じで、親指と人差し指でつまんでいきます。
ゆっくりと丁寧に行っていきましょう。

 

 

 

舌まわし体操


①口を閉じたままで舌を歯に沿ってなぞっていくような感覚で、舌をゆっくりと右回りで10回ほど回していきます。
②左まわりも同様に回していったら、今度は右回りと交互に一回づつ回していきましょう。
しばらくしていると頬や顎のあたりの筋肉に痛みを感じてくると思いますが、これは効いている証拠です。
始めは無理のない回数からはじめていきましょう。

表情筋エクササイズでは頬の筋肉を主に鍛える方法で、舌回し体操は頬の筋肉の他に口周辺やこめかみの上の側頭筋も効果的に鍛えていくことが可能です。
舌まわし体操で広範囲の筋肉を使って鍛えていくことができるので非常におすすめです。

 

 

ほうれい線を目立たなくするメイク


まずは保湿をしっかりと行っていき、土台を完成されたら化粧下地をしっかりと塗っていきます。
ほうれい線に沿って明るめのコンシーラーを使用していくと効果的です。

次にファンデーションですが、リキッドタイプやクリームタイプのものでツヤ感のあるファンデーションを選んでいきましょう。
ツヤ感があると光を反射させてほうれい線が目立たなくなる効果が期待できます。

最後に目元に暖色系の明るい色を持ってきてあげましょう。
こうするとハイライト効果で目元が強調されてほうれい線から視線をそらすことができるのです。