親知らずが顔の輪郭やほうれい線に与える影響とは??

親知らずとは、奥歯の後ろの一番奥に生えてくる歯のことをで、人によってはこの歯が曲がって生えてきてしまったり変な方向を向いて生えてきてしまったりすることがあります。
きちんとまっすぐに生えてこない影響で痛みがでたり、上下の噛み合わせが悪くなったり、また親知らずをかばって反対のほうの歯でばかり咀嚼することが癖になってしまうと徐々に骨格まで歪んできてしまうことがあるのです。

 

親知らずが顔の輪郭やほうれい線に与える影響とは??


この影響で表情筋や肌にも影響がでてきてしまいます。
特に口元に関しては、ほうれい線と近いので影響を受けてしまう可能性が高いでしょう。

日常生活において痛みなど支障をきたす場合は早急に治療を行って行くほうが良いでしょう。
また親知らずの抜歯をしてほうれい線ができてしまった、などという人もいるようですが、これには直接的な関係はなく、たまたま抜歯の時期とほうれい線ができやすい時期とが重なるために関連づける人がいるのではないかと言われています。

 

 

親知らずを抜いて小顔やほうれい線の解消につながりやすいタイプとは??

 


親知らずと抜くと小顔効果につながるという朗報があります。
しかしこれは全ての人に共通するものではなく、親知らずを抜くことで小顔になりやすい人にはタイプが存在します。
そのタイプとしては3つ存在しますので順を追って紹介していきます。

①親知らずが生えたばかり
親知らずが生えてくるときに、それを支えるための骨や筋肉も一緒にできていますが、親知らずが生えきらないうちに抜いてしまうことでそれらの形成を止めることができます。
そのため顔の輪郭が大きくなったりエラが張ってしまったりする可能性をなくすことができます。

②顎に筋肉がついている人
親知らずを抜くことで、それまで親知らずに知らず知らず加えられていた噛む力が加えられなくなるため、顎や歯茎についていた筋肉が衰えて小顔効果が期待できる場合があります。

③頬骨が目立つ・頬骨が出ているひと
上の歯茎に生える親知らずは、丁度頬骨の下にあるので親知らずを抜くことで頬骨が目立たなくなり小顔の印象を作ることができる可能性があります。
頬骨がでているとほうれい線ができやすくなっているので、頬骨のでっぱりを解消することでほうれい線の改善にもつながるかもしれません。

 

 

 

まとめ


親しらずとほうれい線について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。
当然ですが、親知らずを抜くときは歯医者さんとよく相談した上で治療をしていきましょうね。