今すぐ消したい!ほうれい線を上手に隠す方法とは

ほうれい線は根本的に直していきたいですが、外出や人に会う機会があるときには、今すぐ隠してしまいたい!!と思いますよね。
ここではほうれい線をうまく隠してしまう方法について詳しく紹介していきたいと思います。

 

今すぐ消したい!ほうれい線を上手に隠す方法とは

 

 

ほうれい線に種類について

 


ほうれい線には2種類あって「浅いほうれい線」「深いほうれい線」と分けることができます。
浅いほうれい線は、主に肌の表面の乾燥が原因でできたものと考えられています。
日頃から保湿を十分に行っていき、メイクでのカバーも比較的しやすいものになります。

次に深いほうれい線ですが原因としては主に肌のたるみによってできるものとされていて、見た目もくっきりと目立ってくるので、メイクでのカバーもコツが必要になってきます。

 

 

 

浅いほうれい線を目立ちにくくするメイクポイントとは??

 


まずはメイクをしていく前の土台の作り方から紹介していきます。
保湿化粧品を肌にしっかりとなじませていき、そこで肌表面のべたつきがきになるようであれば手で優しくハンドプレスしてなじませていきます。
メイク前の保湿はとても大切で、保湿が十分でないと後々ベースメイクなどの肌への密着度が下がり、浮いたりよれてしまったりする原因に繋がってしまいます。
このときのお手入れが十分にできているとメイクもちも良くなり、仕上がりも変わってくるのでしっかり丁寧に行って行きましょう。

次にファンデーションを塗っていく過程について紹介していきます。
ポイントとしては2点あって、「リキッドファンデーションを薄くつけていくこと」「頬の高い部分からファンデーションを塗ること」
になります。
リキッドファンデーションやクリームタイプのファンデーションは肌にツヤのある質感を出してくれる効果があるのでおすすめです。
ツヤ感のある肌は光を反射しやすく、潤いやツヤがあるように演出してくれる効果があります。
そのためしわやくすみを目立ちにくくしてくれることが期待できるのです。

口周りは最もよくうごかす部分にもなってくるので非常にメイクのよれが目立ちやすい部分となっています。
そこに厚塗りしてしまうとよけいよれが目立ってくるので、この部分はできるだけ薄塗りしていくように意識してメイクしていくようにしましょう。

 

 

 

深いほうれい線を目立ちにくくするメイクポイントとは?

 


3点ポイントがあって「明るめのリキッドコンシーラーを使用する」「メイクアップベースはシリコン入りのものを使用」「目元に明るい暖色系の色をのせる」ことです。
明るめのリキッドコンシーラーは、ほうれい線の影を光で飛ばしてくれて目立ちにくくしてくれます。
色を選出していくときのポイントとしては、自分の肌より明るめの色を選んでいくことです。
シリコン入りのメイクアップベースは、肌に密着していくことで肌表面やほうれい線部分もなめらかに見せていくこと効果が期待できます。
肌表面が整っていくとメイクのノリも良くなり、化粧崩れもおこしにくくなります。

次に意外な方法として目元のメイクを華やかにする方法があります。
目元に明るめの暖色系の色をのせていき、目元のメイクを華やかに仕上げて強調することで、目線を口元から目元へと逸らすことが期待できます。
特にまぶたを明るく見せて肌なじみのよい明るめのベージュがおすすめです。

 

 

 

まとめ

 


ほうれい線を目立ちにくくする方法について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか??
ほうれい線を根本的に解決していくことももちろん必要ですが、いますぐどうにかしたい!!というときにはぜひ活用してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?