ほうれい線が片方だけ目立つ!その原因と改善方法は

鏡とみてふと片方だけほうれい線が深い?!
なんて気づいて動揺した経験があるひとはいませんか?

 

ほうれい線が片方だけ目立つ!その原因と改善方法は

 

ほうれい線自体できると老けて見えてしまうのでなんとかしたいものですが、片方だけシワが深いのも改善したいですよね。
今回はほうれい線が片方だけ深くなる原因や対策について紹介していきます。

 

 

片方だけほうれい線がが深くなる原因とは??

 


片方のほうれい線だけ深くできてしまったり、片方だけほうれい線ができてしまったりする理由としては、基本的にそれに伴う習慣を日常的に続けてしまっていることが原因として考えられます。

①荷物を持つ時の肩がいつも同じ
いつも荷物を持つときの肩が決まってしまっていて、同じほうの肩ばかりで持ってしまっていると、片方だけに体重がかかるような立ち方をしているので身体がゆがんでしまいます。
その影響で顔の筋力まで左右の差が大きく変わることがあるのです。
他にも片方の肩だけで荷物を持っていると血行不良が起こり、それがむくみを引き起こしてほうれい線の原因になってしまうことも考えられます。

②咀嚼の時片方だけで食べるくせ
物を噛むときに片方の歯の方にばかり偏って咀嚼していると、もう片方の顔の筋肉が衰えてその結果としてたるみやむくみの原因に繋がってしまうことがあります。
頬の筋肉の衰えはほうれい線の原因として影響は大きいと考えられていますので、ぜひ改善していきたいですね。

③頬杖をつくときいつも決まった方でついている
頬杖をつくと、頬の皮膚が引っ張られて筋肉のバランスが影響を受けてしまうとされています。
歪みや片方だけのたるみはほうれい線の原因となることがあるので、このくせも心当たりがある人は改善していきたいですね。

 

 

 

片方だけのほうれい線を改善する方法とは?

 


まずは左右のバランスを意識して荷物を持つようにし、姿勢をよくしていきましょう。
身体や骨盤の歪みは顔の筋肉バランスやむくみなどに大きく影響してきます。
片方だけではなくバランスを考えていくことがおすすめです。

また頬杖に関してはなるべくつかないようにしていくことを意識していきましょう。
ついついやってしまいがちですがしないことを意識して覚えておくことが大切です。

咀嚼に関してもやはり左右のバランスを考えて、左右をバランスよく使ってよく噛んで食べることを意識して実践していくようにしましょう。
顔の筋肉は皮膚にダイレクトにくっついていて、身体の筋肉とはまた違うので特に筋肉の衰えが見た目に影響しやすいとされています。
虫歯が気になっているひとはしっかりと治療して、左右偏りのないようにバランスよく咀嚼していていくことが大切です。

 

 

 

まとめ

 


片方だけほうれい線が深くなる原因や改善方法について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。
数年後も素敵な笑顔で笑っていられるように、今日から意識して対策をしていきましょうね。