アラサーが分岐点?ほうれい線が出来やすくなる習慣とは

まだ30代なのにほうれい線が目立ってきてしまった...。
ほうれい線のせいで実年齢より上にみられてしまう...。などと悩んでいるひとはいませんか?

 

アラサーが分岐点?ほうれい線が出来やすくなる習慣とは

 

その悩みには共通する習慣が潜んでいるかもしれません。
ここではアラサーのほうれい線についてその習慣や予防などについて紹介していきます。

 

 

アラサーでほうれい線ができやすくなるひとの習慣とは??

 


普段から何気なく行っている習慣のなかに、ほうれい線に繋がってしまう可能性があるものがあるのをご存知ですか?
では、どのような習慣がほうれい線を作る原因と結びついてしまうのでしょうか?

そもそも、ほうれい線ができてしまう原因は肌のたみみによるのもです。
普段の習慣のなかでたるみを引き起こすとされる習慣があるのかチェックしていきましょう。

まずは「頬づえをよくつく」ことがある人です。
頬づえをつく人は、おのずと姿勢も悪くなってくるので骨格も歪んでしまい、ほうれい線ができる要因に繋がってしまいます。
また、頬づえをつくことでその周辺の皮膚が引っ張られて伸びてしまい肌の弾力が低下していく為たるみが生じてしまいます。
ですから、片方だけ頬づえをよくついている人はその側だけほうれい線が濃くなってしまう可能性もあるのです。

また、噛み方の習慣も関係してきます。
咀嚼を片側噛みの癖がついている人は、左右の顔の筋肉の発達が均等でなくなってしまいます。
よく噛まない側の筋肉は低下していまい、その結果としてたるみが生じてしまいます。

その他、自分では気づきにくい習慣に「口が半開き」になっている状態があります。
無意識に開いてしまう場合は、既に筋肉がたるんでいる可能性も高いです。
口を開いた状態を続けることで、頬の筋肉を下から支えることが困難になります。
ほうれい線だけでなく、口元の筋肉が緩むことで二十顎にも繋がってしまうのでぜひ予防していきましょう。

 

 

 

ほうれい線を予防改善していくには??

 


改善方法として様々ありますが、ここでは1分でできる「舌まわし」の方法を紹介していきます。
まずは口を閉じた状態で舌を歯に沿ってゆっくりと時計回りにまわしていきます。
これを1周を1回として20回していき反対まわしも行っていきましょう。
左右1にち3セットほどを目安として行っていきましょう。

始めのうちは無理をせずにできる範囲内の回数を行っていくことをおすすめします。
この舌回しは普段は使わない表情筋を刺激していくことで、繋がっている筋肉への刺激を与える効果が期待できます。
そうすることで血行が促進されて筋肉も鍛えられてほうれい線の改善へつながるのです。
場所や時間を選ばず手軽に行えるので、ぜひ日常生活に取り入れていってみましょう。

 

 

 

まとめ

 


アラサーのほうれい線について紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?
ほうれい線ができやすくなってしまう習慣に心当たりがあった人は、これを機にぜひその習慣を改善していきましょう。
舌回しも簡単なので、ぜひ取り入れて今からほうれい線予防を心掛けていきましょうね。

 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?