若いのにほうれい線が!ほうれい線ができる原因とは

まだ若いから大丈夫!なんて思っているならば、鏡を覗いてよく見てみましょう。
気づかないうちに、顔にほうれい線ができてしまっているかもしれませんよ!
特にほうれい線は、加齢によってできるものだと思っているひとが多いのではないでしょうか??
実は20代の若いうちでも、ほうれい線があるひとはたくさんいるのです。

 

若いのにほうれい線が!ほうれい線ができる原因とは

 


若いから関係がなさそうなものなのに、なぜできてしまうのでしょうか?
今回は、若いのにほうれい線ができる理由やその改善方法を紹介していきます。

 

 

ほうせい線ができる原因とは

 


そもそもほうれい線ができる原因とは、一体どういったことなのでしょうか?
その理由には主に3つあって、「乾燥」「紫外線」「筋肉のたるみ」が挙げられます。
そして、若いときにできるほうれい線は比較的浅く「肌表面の乾燥」「むくみ」が主な原因とされています。

肌表面の乾燥は、紫外線や空気の乾燥の影響によって肌の表面の水分が減少することで起こります。
そして乾燥により、キメが乱れて肌の柔らかさが持続できなくなることで、ほうれい線ができてしまいます。
年齢に関係なくこのような肌の環境が整ってしまうとできてしまうのです。

むくみによる原因としては、むくみ塩分の摂りすぎや顔に水分がたまってしまうことで引き起こされます。
そうなることで皮膚がその重力に負けて下がってしまい、口元や頬の境目に線ができてしまい、それがほうれい線となってしまいます。

その他のむくみの原因としては「猫背」「運動不足」「からだの冷え」「睡眠不足」などが挙げられます。

 

 

 

若いひとのほうれい線の対策方法とは??

 


最近では食生活の欧米化しているため、今までにはなかったアレルギーやアトピーなどが若年層に増加しています。
手軽さやおいしさを優先して、栄養の偏りがおこっていませんか?
今一度食生活を見直していきましょう。

肌の保水力を維持していくためにも、良質なたんぱく質を摂取していくことはとても大切なことです。
特に魚介類には良質なたんぱく質が多く含まれているので、進んで摂取していきましょう。
また発酵食品の納豆や漬物、味噌などもおすすめです。

適度な運動も、血行を促進して代謝アップへとつなげることができるので大切ですよ。
これまでほとんど運動をしてこなかったという人は、まずはウォーキングやストレッチなどから始めるのがお勧めです。
気軽にできるのでぜひ取り入れていきましょう。

 

 

 

まとめ

 


若いうちでもできるほうれい線について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか??
若いうちにできるほうれい線は、まだ浅いシワで改善することが可能です。
ぜひ改善方法を意識して日々のなかで取り入れていきましょう。