痩せたらかわいい!はなぜ起こる?顔の変化は整形じゃないの?

人の顔は、体型の変化や加齢などによる経年変化で意外と変わっていくものです。
特に、顔や体に肉付きの良い人がダイエットなどに成功すると、ダイエットしただけではなく、整形なのでは?なんて疑ってしまうほど、まるで別人?という状態まで変化することもありますよね。

 

痩せたらかわいい!はなぜ起こる?顔の変化は整形じゃないの?

 


痩せて可愛くなった、というのは、スタイルなどの変化も大きいですが、特に顔の部分を指す場合が多いと思います。
でも、人の顔って、そんなに変わるものなのでしょうか?
顔が変わるほどダイエットするには、ダイエット前がある程度お肉のある状態ではないと・・ですが、実はそこまで太っていないのに顔が大きい!という人も、顔痩せで顔が変わる可能性もありますよ。

 

 

 

ダイエットで変化する顔のパーツ


ダイエットにより、顔についたお肉やむくみが解消されると、以下のパーツが変化する可能性もあります。

 

 

ダイエットで目が大きくなった


目の周りについていた脂肪や、むくみがスッキリとして、目がぱっちり大きく見えるようになります。
また、一重や奥二重で腫れぼったく見えていたまぶたが、ダイエットすることでクッキリとした二重になる、などということも起こるようです。

 

 

ダイエットで鼻が高くなった


実際に鼻が高くなることはないのですが、ダイエットして鼻が高く見えるようになる可能性はあります。
それは、頬の肉が落ちることで、頬に埋まっていた鼻の輪郭がくっきりとしてくるからです。横顔などは特に変化しそうですね。
また、鼻にも脂肪はつきますので、これが落ちることにより、鼻すじが通った用に見え、鼻が高くなったように見えるのです。

 

 

ダイエットで小顔になった


これは当然といえば当然ですが、ダイエットにより顔の脂肪が落ちることで、本来の骨格が現れて小顔に見えることがあります。
特にフェイスライン、アゴ周りなどのお肉やむくみがスッキリすると、顔の輪郭自体がはっきりとして、小顔、また若々しい印象に変わってきます。

 

 

 

顔が変わるダイエットとは


ダイエットするほど体にお肉は付いていないし・・という人でも、
・顔だけ大きい気がする
・顔のたるみが気になる
・むくみやすい
これらに思い当たることがあるのなら、もしかしたら「顔痩せ」することで変わるかもしれません。

 

 

顔痩せダイエットその①顔のむくみ取り


顔が大きくなる原因に、「顔のむくみ」があります。
顔のむくみは、それだけでも顔が大きく見えたりする可能性がありますが、放置していると慢性化し、顔に脂肪がつきやすく、そして顔のたるみも引き起こします。
ですから、まずむくみを解消することで、それらを予防することが大切です。
方法としては、マッサージが最適。特に顔のマッサージ用ローラーを使ってマッサージすることで、老廃物や脂肪を効果的に落とすことが可能です。
むくみが取れてすっきりしてくると、ダイエットで顔が変わる効果と同じような変化が現れるかもしれませんよ。

 

 

表情筋エクササイズで輪郭をすっきり


顔にある筋肉「表情筋」は、体の他の部分の筋肉とは違い、顔にある脂肪や皮膚とくっついている状態です。
なので、表情筋が衰えると、顔の肌はたるみやすく、また余分な水分や老廃物などを溜めやすくなってしまいます。
また、筋肉は鍛えると脂肪を燃焼をサポートしてくれますので、特に顔のたるみが気になっている人は、積極的に表情筋を鍛えましょう。

表情筋を鍛えるには、日頃から無表情でいるなど顔の筋肉を使わない状態を避けて、意識的に動かすことが大切です。
口を大きく動かしながら、「あいうえお」の形にしていく表情筋エクササイズなどもありますが、やり方を間違えると、余計な部分の筋肉に不可がかかったり、皮膚にシワが寄ってしまう可能性もあるので、できればEMS機能(電気の刺激で筋肉を運動させてくれる)付きの美容機器を使うと効果的です。
表情筋を鍛えることで、顔のたるみがスッキリし小顔に見える可能性が出てきますし、何より表情が豊かになることで、顔の印象も変わってきますね。