アンチエイジングに効く栄養って?話題の成分はこれ!

老化現象は誰にでも訪れて止めることができないものですが、アンチエイジングに効果的な栄養素を取り入れていくことで、老化の速度を緩めることは可能です。
少なくても実年齢より老けて見られたくないという女性は多いかと思います。
ここでアンチエイジングに効果的な栄養素を紹介していきたいと思います。

 

アンチエイジングに効く栄養って?話題の成分はこれ!

 

 

 

コラーゲン・ヒアルロン酸

 


コラーゲンは身体全体のタンパク質の30パーセントを占めていて、骨や関節、血管や噛み髪、歯茎などにも存在しています。
コラーゲンといえば美肌成分とすぐに結びつく人が多いかと思いますが、身体の柔軟性やしなやかさ、弾力性などを保つタンパク質です。
ヒアルロン酸は肌の真皮層にあり、コラーゲン維持に潤いを水分を与える重要な役割を担っています。
そんな肌の土台と言える大切な存在のコラーゲンですが、30歳を過ぎた頃から体内で生成される力が衰えて、徐々に減少していってしまいます。
これによって老化が進行していくことに繋がってしまうのです。

次にヒアルロン酸ですが、皮膚や関節、血管や心臓にドロドロとしたゼリーのような状態で存在していて、その状態で水分を保持しています。
加齢とともに減少していき、40歳頃には赤ちゃんのころの20分の1程度なってしまうのです。
摂取方法としては体内に取り入れても、排出されるまで短いので、食事のたびにこまめに補っていくことがお勧めです。
身体の外側には保湿ミスとや化粧水、パックなどを使用してたっぷりと保湿していき、体内には食事の際にサプリメントなどを活用して摂取していくのが非常に効果的です。

 

 

 

エラスチン・レチノール(ビタミンA)

 


エラスチンも肌の真皮層に存在し、コラーゲンどうしを繋げて固定し支えるという役割を担っていて、コラーゲン維持には欠かせない成分です。
こちらも年齢と共に減少していき、30歳を過ぎたあたりから不足しがちになり肌のシワやたるみの原因に繋がっていきます。
摂取方法として食事では豚足や手羽先、軟骨などによく含まれ、ドリンクなどでも手軽に摂取していくことが可能です。
スキンケア製品でもコラーゲンとエラスチン配合のものを使用していくと一石二鳥ですね。

レチノールは皮膚や粘膜の強化、目の疲れの改善、身体のサビを作る活性化酸素を減らすという効果が期待できる成分になります。
その他にも肌荒れの改善や肌の代謝を促したり、肌のキメを整えて毛穴を目立たなくする効果もあります。
緑黄色野菜にはビタミンAが多く含まれているので、油で炒めたり油を加えて摂取していきましょう。
ほかにもレバーやウナギなどに含まれています。
レチノールは毛穴にも効果的なので、配合された化粧品を使って、毛穴が気になるところに特に集中的にケアをしてみることがおすすめです。

 

 

 

 

ビタミンC・セラミド

 


ビタミンCは加齢とともに増えていく身体のサビを防いだり修復していくためには欠かせない成分になります。
体内に吸収されにくい成分であるビタミンCを改良したものが「ビタミンC誘導体」と呼ばれ、最近では美白アイテムや美容液にも配合されています。
ビタミンCは果物や野菜で摂取できますし、サプリメントで手軽に摂取していくことも効果的です。

セラミドは皮脂膜の下の角質層で細胞と細胞とをつなぐ潤滑油のような役目を果たしている成分になります。
セラミドの種類としては動物由来のものと植物由来のものがあり、前者が馬などで後者が米や麦、こんにゃくや大豆となっています。
アンチエイジングに効果的な成分としてぜひ覚えておくと良いですね。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?