継続がカギ!だからこそ、簡単アンチエイジング習慣

アンチエイジングという言葉をよく耳にしたことがあるかとは思いますが、具体的にどういうことか説明できる人は少ないのではないでしょうか?
アンチエイジングとは、加齢による身体的な老化について抵抗していくことで、いつまでも若々しくいるというような意味です。

 

継続がカギ!だからこそ、簡単アンチエイジング習慣

 

 

加齢は毎日進んでいきますので、それに逆らっていくためには毎日の積み重ねがとても大切です。
毎日手軽にできる習慣を取り入れていくことで、簡単にアンチエイジングを目指していくことが可能です。
今回は、そんなアンチエイジングの習慣について紹介していきます。

 

 

アンチエイジングと食生活

 


アンチエイジングには色々な方法がありますが、食生活とは密接な関係があり、切り離して考えることができないほど大切です。
身体は毎日体内に取り入れている食事からできています。
食べ物や食べ方によって、身体も心も健やかに維持ができて、老化の防止へと繋がっていきます。

まずは「食べる順番」を守っていきましょう。
血糖値が急激に上昇してしまわないように、
「サラダ→メイン→デザート」のように、食物繊維→タンパク質→炭水化物というような順番で進めていくことがお勧めです。

また、毎日摂取していくと良いとされる食材の頭文字で、「孫子は優しいよ(まごこはやさしいよ)」という言葉があります。
「ま」は豆類。「ご」はごま。「こ」は米。「は」はわかめなどの海藻類。「や」は野菜。「さ」は魚。「し」はしいたけなどのキノコ類。「い」はいも類。「よ」はヨーグルトなどの発酵食品、になります。

身体を健康的に維持していくためには欠かせない、低カロリーでなおかつ栄養価の高い優良食材になります。
ぜひ日々の食生活に取り入れていきましょう。

 

 

 

アンチエイジングと睡眠・運動

 


睡眠は成長ホルモンが分泌されて、体内の細胞や組織などの再生、修復などを行うとても重要な時間になります。
成長ホルモンが最も分泌されている22時から2時までのゴールデンタイムには、できるだけ就寝しているようにしましょう。
眠りにつけない場合は寝る前にホットミルクやカモミールを飲んだり、部屋の明かりを落として音楽を聴いたり、またストレッチをして身体を温めてみることをお勧めします。

また、身体が冷えた状態であると眠りにつきにくくなります。
ストレッチなどで一度温めた後は、体温が下がる際に眠たくなるような作用があるので、眠りにつけないひとにはお勧めな方法です。
寝床に入ってからのスマホなどは、光刺激が脳を興奮させてしまい、そのあとの眠りの妨げに繋がってしまいます。
寝る前の30分ぐらい前にはスマホをやめて、脳をリラックスさせておきましょう。

あとは適度な運動も大切です。
ここで言う適度な運動とは、運動が苦手なひとでも可能な「無理なく動かせる範囲で行う運動」のことを指します。
自分の許容範囲を超えた運動をすると逆に身体の負担になってしまいます。
ジョギングやウォーキング、ストレッチなどから始めてみましょう。

 

 

 

まとめ


アンチエイジングを日々の習慣のなかで簡単に取り入れられる方法を紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか。
どれも毎日続けていけるかが肝心なポイントになってくるので、できれば無理なく継続していきたいものですね。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?