小顔になるためのダイエットは、顔のたるみを解消しよう。

顔のたるみは、本来の輪郭部分より顔の脂肪や皮膚が垂れ下がっている状態ですから、たるみがあるだけで顔が大きく見えてしまう可能性があります。
特別太っているわけではないのに顔が大きい・・。と思っている方。
もしかしたら、顔の大きさ原因は、顔のたるみかもしれませんよ。


小顔になるためのダイエットは、顔のたるみを解消しよう。



そして、顔の大きさだけではなく、あるだけで老け顔に見えてしまうのが顔のたるみ。
加齢とも大きく関係しているため、放置しておくとどんどん進行していきますから、早い段階でケアを始めて、毎日継続することが大切です。



肌のハリ不足によるたるみ


顔のたるみは、肌のハリ不足も原因のひとつになります。
肌のハリ不足は、コラーゲンやエラスチンなど、肌のハリを保つ成分が減少、変質していき、肌の弾力が失われてくることで起こりますが、主に加齢や生活習慣などが要因となります。
肌のハリが不足すると、次に起こるのがたるみです。
弾力が失われることにより、肌自身が支えを失い、下へ下へと下がっていくのです。

肌のハリを保つには、以下のことを心がけましょう。
・肌の水分不足を防ぐためにしっかりと保湿する
・紫外線の光老化を防ぐために、しっかりとUVケアをする
・肌がつくられるゴールデンタイム(22時〜2時)までに就寝し良質な睡眠を心がける。
・食事では肌に良いコラーゲンやビタミンCなどを積極的に摂取する。

また、肌のハリ不足は、たるみだけではなく、シワなどの原因ともなります。
老け顔にならないためにも、まずは肌のお手入をしっかりすること。
そして食生活、生活習慣などを見直して、予防していきましょう。



筋力不足によるたるみ


肌のたるみの大きな原因となるのが、顔にある筋肉「表情筋」の衰えです。
体のあらゆる筋肉にもいえますが、筋肉は加齢や使わないことで弱っていきます。

顔の脂肪や皮膚は、表情筋により支えられていますので、表情筋が衰えれば、支えを失った肌は下へとたるんでいくというわけです。
ですから、顔のたるみを解消するために最も効果的なのは、表情筋を鍛え、土台からリフトアップする、という方法とも言えるでしょう。

表情筋を鍛える方法は、
・なるべく無表情にならないように、日頃から表情豊かに過ごす
・顔エクササイズなどで、普段使用していない筋肉を使って鍛える
・電気の刺激で筋肉を運動させてくれる、EMS機能の付いた美容機器を使う
などがあります。

中でも、EMS搭載の美容機器をつかった方法は、肌を傷めずに効果的に行うことができるのでオススメです。





顔のたるみはダイエットで解消する?

顔のたるみと、小顔になるためのダイエット。
一見関係のないようですが、共通している原因もあります。

脂肪のつきすぎの場合、痩せたらたるみが改善する場合も


顔のたるみは、顔についた脂肪の重みで起こる場合もあります。
特に二重あごやほうれい線など、フェイスラインのたるみは、つきすぎた脂肪により出来ていることも考えられます。
年齢が若いのにたるみが起きている、顔が大きい、という人は、もしかしたらダイエットにより改善する可能性もありますね。



むくみ太りが、顔のたるみの原因になっているかも


顔のたるみの原因のひとつに、顔に溜まった余計な水分や老廃物など「むくみ」の状態も考えられます。
皮膚の下に余分な水分がたまることで、それだけ肌が重くなり、たるみやすくなりますし、また、老廃物などがたまると脂肪がつきやすくなるため、脂肪太りにも繋がります。
そして、顔がむくんでいる状態は、それだけで顔が大きく見えることにもなりますよね。

この場合は、まずむくみ太りダイエットで改善を目指しましょう。
むくみの解消にはリンパマッサージが効果的です。








この内容で送信します。よろしいですか?