加齢だけじゃない!小じわが出来てしまう原因とは

鏡をじっくり見た時に、なんだか前よりも小じわが増えたな・・と感じている人はいませんか?
特に目じりや目元、口元などに多く発見できるかと思います。
このような場所にできて、細かく散らしたようなシワのことを「小じわ」と呼びます。

 

加齢だけじゃない!小じわが出来てしまう原因とは

 

放っておくとより深いシワへと進行してしまう小じわですが、そもそもなぜできてしまうのでしょうか?
今回は、その原因について詳しく紹介していきたいと思います。
 

 

小じわがでる原因とは??

 目元や口元にできる小じわ。小じわが出来てしまう原因は何なのでしょうか?
その主な理由はずばり、「皮膚の表面の乾燥」です。

肌は通常、保湿成分といわれるセラミド、天然保湿因子などで表皮の各層の水分が守られていますが、
この水分が不足してしまうと乾燥状態になっていきます。

たとえ湿度が0パーセントになってしまっても、正しい保湿がなされていて肌が潤っている状態であれば、
肌は自ら保湿物質を作り出して、その水分を保つことが可能になります。
しかしバリア機能が低下していると、肌内部の水分も奪われてしまいます。
そうなると、表皮に細かなしわがよりやすくなり、それが小じわとして目立ってくるようになるのです。

特に目元は他の部分よりはるかに表皮が薄いのでかなり乾燥しやすく、しわができやすい部分となっています。
早い人では20代の後半から目じりのシワができてしまいます。

次に「摩擦」がしわの原因となることについて紹介していきます。
メイクをオフしていく時やそのあとのスキンケアの際に肌をこすってしまったりと、
摩擦を与えてしまう行為をしてしまっていませんか??

特にアイメイクは力を入れているところだと思われますが、その分メイクオフするときも重点的に行っていくかと思います。
クレンジングの時に念入りにゴシゴシしてしまうとかなりの負担がかかってきてしまいます。
目元は特に優しく丁寧にメイクオフを行っていきましょう。
ゴシゴシ落としはしわの元、と意識して気をつけるのが大切です。

また、「紫外線」についてもシワの原因に繋がってきます。
紫外線が肌の真皮まで届いてしまうとコラーゲンがダメージを受けてしまい、肌のハリや弾力をキープできなくなってしまいます。
そのことが原因となってシワができてしまうのです。
紫外線対策をしっかりと行って紫外線から肌をしっかりと守っていきましょう。





 

 

この内容で送信します。よろしいですか?