ヒップアップはゆがみの矯正から!効果的なストレッチ

上半身は細いのに、下半身だけが妙に太い。お尻のサイズが大きい。という悩みはありませんか?
その原因は、骨盤の歪みにあるかもしれません。
骨盤の歪みは、下半身太りに大きく影響してきます。
ストレッチをおこなって、自分で骨盤の歪みを調整していきましょう!

 

ヒップアップはゆがみの矯正から!効果的なストレッチ

 

 

 

骨盤の歪みとヒップの関係


上半身と下半身をつなぎ、体を支える上で、骨盤は重要な役割を果たします。
しかし、筋肉などで支えられているため、簡単に歪んでしまうという繊細さもあります。
骨盤が歪むことで体のバランスが悪くなり、血行が悪くなったり脂肪がつきやすい状態になってしまいます。
左右の足の長さが違ったり、阿新所付け根の骨が出っ張っている場合は、骨盤が歪んで開いてしまっている可能性が高いです。
そのままにしておくと、お尻が大きくなってしまうだけではなく、腰痛などの症状も出てきてしまうので注意が必要です。

 

 

骨盤の歪みにはストレッチが効果的


まずは、骨盤を立てるようなストレッチをして、余計な筋肉のこわばりを取ってあげましょう。
足を前に伸ばして座り、右ひざを立てて左足の横にクロスするように足を置きます。
背筋を伸ばして頭から引っ張られているようなイメージで、腹筋に力を入れて骨盤を立てます。
この状態を15秒キープし、お尻とももの筋肉を伸ばします。左右交互に二回ずつ行ってください。

次に骨盤を前後左右に動かして、歪みを調整していきます。
肩幅に足を広げて立ち、腰に手を当てて左右に動かします。
上半身は動かさないようにして、骨盤周辺だけが動くようにしましょう。これを左右10回行ってください。
同じようなやり方で、前後に腰を動かします。
最後に骨盤の位置を意識しながら、腰で円をかくように動かしてあげます。
右回りと左回りを、それぞれ10回ずつ行えば完了です。
とても簡単なので、歯磨き中などのスキマ時間に取り入れてみてくださいね。

スペースを取りますが、お尻の筋肉を伸ばしつつ引き締めるのにおすすめなのがお尻歩き体操です。
名前からわかるように、お尻の力だけで歩きます。
両足を前に伸ばして座り、左右交互にお尻を前に出して進みます。
前に10歩進んだら、後ろに10歩後退してください。
慣れるまではお尻の使い方がイマイチ分からないと思いますが、徐々にコツがつかめてくるので安心してください。
少しずつ回数を増やして、お尻にしっかりと効かせてあげましょう。

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?