30代の毛穴ケア!広がった毛穴を改善するには

30代に突入すると、肌や健康など何かと悩みが増えてしまいます。
特に30代から急増するのが、毛穴の開きです。
開きが悪化してしまうと、見た目が老けて見えてしまうので、なんとかうまく改善していきたいですよね。
そこで今回は、30代の毛穴の悩みと、ケア方法について紹介します。

 

30代の毛穴ケア!広がった毛穴を改善するには

 

 

30代の毛穴の悩みとは


20代の頃は、毛穴の黒ずみや角栓に悩まされることが多いですよね。30代にも引き続き、黒ずみと角栓の悩みは残ります。
しかしそれにプラス、乾燥による毛穴の開きも目立ち始めます。
30代前半は依然皮脂分泌量が多く、角栓による毛穴の広がりが特徴です。
一方で30代後半には皮脂の量が減ってしまうため、肌の乾燥が進んでしまいます。
乾燥すると肌の弾力が低下してしまうので、毛穴のたるみがおこります。
どちらも見た目が目立つので、しっかりとケアをして改善していきましょう!

 

 

毛穴ケアの方法


乾燥による毛穴の目立ちには、保湿ケアと肌の弾力が上がるような対策が効果的です。
まずは、ヒアルロン酸やエラスチンなどの保湿成分が含まれた化粧品を使い、肌に潤いをチャージしてください。
次に、ビタミンC誘導体が含まれた化粧品を活用し、コラーゲンが作られるような環境を整えてあげましょう。
コラーゲン生成能力は、年齢とともに低下していくので、補ってあげることがポイントになります。

皮脂の分泌が多く、その影響で毛穴が開いてしまっている場合は、収れん化粧水を使ってみてください。
毛穴を引き締める効果があるので、広がった毛穴をキュッと引き締めてくれます。

30代は徐々に肌のターンオーバーが乱れてきて、古い角質が肌に残ってしまうことが多くなります。
古い角質が厚くなると、毛穴が広がりやすくなります。
定期的にピーリングケアを行い、余分な角質を除去してあげましょう。
そうすれば肌が柔らかくなり、化粧品の浸透も良くなりますよ!

最後に、加齢と共に低下していく表情筋の筋力をキープするために、表情筋エクササイズをおこないましょう。
筋肉は皮膚を支える土台になるため、筋肉が衰えると上にのっている皮膚が垂れてしまいます。
たるみ毛穴を解消するためにも、表情筋を動かして筋肉をしっかりと使いましょう。
「あいうえお」を大きくゆっくりと発音すると、顔全体の筋肉を使うことができます。
テレビを見ながらなど、スキマ時間にエクササイズに挑戦してみてくださいね。

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?