超音波ピーリングの正しい使い方と注意点

肌の生まれ変わりを促進するピーリングは、美容効果が期待できるケアとして人気です。
ケミカルピーリングやジェルタイプのピーリングなど様々なやり方がありますが、中でも肌への負担が少ないものとして人気なのが超音波ピーリングです。
では超音波ピーリングはどのような使い方でピーリングを行うのでしょうか?
今回は、超音波ピーリングの使い方について紹介します。

 

超音波ピーリングの正しい使い方と注意点

 

 

 

超音波ピーリングはどのように使うの?


古い角質や汚れを落とし、肌の状態を良くする超音波ピーリングですが、どのように使うのかイマイチイメージが湧きませんよね。
超音波ピーリングは専用の機械を使い1秒間に数万回という振動で水を細かいミストにし、それを肌にあてることで汚れや角質を吹き飛ばすという方法でピーリングを行います。。
洗顔などでは落ちないような角質や汚れを、優しく取り除くことができるので、肌への負担が少ないです。
また、使用するのは水なので、ランニングコストもかかりません。

超音波によるピーリングだけではなく、プラスイオンやマイナスイオンを活用した機能がついている場合もあります。
プラスイオンの性質を使えば、汚れや皮脂を吸着することができるので、よりクレンジング効果があります。
汚れをしっかりと落とした後は、マイナスイオン機能が役立ちます。
マイナスイオンの電気性質により、化粧品の有効成分を肌の奥深くまで浸透させることができます。
クレンジング、ピーリング、化粧品の浸透サポートと、様々な効果を実感できるのが超音波ピーリングの魅力になりますよ。

 

 

超音波ピーリングの注意点


すでに紹介したように、超音波ピーリングには色々な効果があります。
しかし、使い方次第では肌の調子が悪くなってしまうことも.....。
注意点をおさえて、正しく効果を実感できるようにしましょう。

まずは使用頻度です。
効果を実感するために毎日でも使いたくなってしまいますが、使い過ぎはNGです。
肌への負担が少ないとはいえ、頻度が高いとそれだけ負担が大きくなってしまいます。
製品に提示された頻度でピーリングをおこなってくださいね!

次に、肌の調子が悪いときには、使用しないようにしましょう。
肌が荒れているときは、普段よりもかなり肌が刺激に弱く敏感になっています。
いつもは問題ないケアでも、敏感になった肌にとっては大きな負担になってしまうことも。
肌荒れが悪化しないようにするためにも、そういった場合にはピーリングを行わないようにするのがポイントです。