超音波ピーリングのデメリットとは?

美肌を目指す女性の間で話題の超音波ピーリングですが、デメリットはあるのでしょうか?
今回は、ピーリングを行うことで、肌にどういった影響が出るのかを紹介していきます!

 

超音波ピーリングのデメリットとは?

 

 

ピーリングのデメリットとは


お肌がツルツルになることから、ピーリングケアを行っている女性も多いですよね。
古い角質を落とすことで肌が柔らかくなり、トーンも明るくなります。
しかし、その一方でデメリットも存在します。
ものによっては、強い薬剤が使われいる場合もあり、擦るタイプですと肌に摩擦の刺激を与える可能性があります。
ピーリングをしすぎることで肌が乾燥してしまい、様々な肌トラブルを引き起こしてしまうことも。
肌が薄くなってしまうと、外部の刺激に敏感になってしまうので要注意です。
特に、もともと何かしらの肌トラブルを持っている方は、ピーリングの刺激が症状を悪化させることもあります。
また、そういったトラブルがない方でも、早く効果を感じたいからといって、頻繁に使うと逆効果です。
肌のバリア機能が弱まってしまい、肌の代謝が乱れる原因になってしまいます。

 

 

ピーリングはしない方がいいの?


こういったデメリットを見ると、ピーリングをしない方がいいのでは.....と思ってしまいますが、肌に負担の少ないやり方でピーリングを行えば問題ありません。
日頃のケアでは落とせない汚れや古い角質を除去するには、ピーリングはおすすめのケアです。
超音波ピーリングは、特殊な薬剤などを使うわけではなく音波の力で汚れを浮かせるので、他のピーリングに比べて刺激が少ないです。
そのため、肌に負担を与えずにケアをすることができます。
毛穴の汚れをしっかりと落とせることで、ニキビ予防の効果もあります。
無理に角質をはがすわけではないので、肌が敏感な方でも大丈夫そうですね。
刺激が少ないからといって、頻繁に使ってしまっては他のピーリングと同じような状態になってしまいます。
どういった頻度で行えばいいのかということをしっかりチェックし、それに沿って超音波ピーリングを行うようにしましょう。

 

 

まとめ


デメリットについて紹介しましたが、いかがでしたか?
せっかく肌をキレイにするためにおこなっているケアでも、やり方によっては悪い影響があります。
ピーリングのデメリットを改めて整理して、自分の肌に合った方法でピーリングケアを行うようにしてくださいね。

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?