首のしわは枕が原因?寝る時の姿勢に要注意!

枕の高さは、首こりや肩こりに関係するというのはよく聞きますよね。
実はそれだけではなく、首のしわの原因にもなってしまうこともあります。
健康と美容のためにも、枕はきちんと選んであげる必要があります。
一体どういう枕であれば、首のしわができないのでしょうか?
 

 

首のしわは枕が原因?寝る時の姿勢に要注意!

 

 

 

枕の高さで首のしわができてしまうのはナゼ?


人生の約三分の一を寝て過ごしますが、寝具にこだわっている方は少ないです。
しかし、体の形は人によって異なります。
筋肉のつき方や背骨の形、首の高さなどに合わせて枕を選ばないと、身体に負担をかける姿勢のまま一晩を過ごすことになります。

枕が高い場合、横になったときに顎が下にさがります。
その姿勢だと首にしわが寄ってしまうのが分かりますね!
しわが寄ったまま、7時間同じ姿勢でいると考えると、首にしわが刻まれてしまうのも納得です。
反対に枕が低すぎると、口がひらきやすく口呼吸になる場合が多いので、口臭やいびきにつながってしまいます。
このように、枕は高すぎても低すぎても身体によくありません。
毎日使うものなので、健康面のことも考慮してしっかりと吟味して枕の高さを選びましょう。

 

 

体に合う枕の見つけ方


枕による首のしわを解消するには、自分の身体に合った枕を見つけるのが一番の近道です。
寝転んだ時に、立った姿勢と同じ状態になるのが理想的な形と言われています。
一般的に女性は3センチ前後、男性は4センチ前後の高さが合うとされています。
しかし人によって体型は異なるので、1度その枕を使ってみるのがおすすめです。

1点注意してほしいのは、枕だけで高さを考えないことです。
下に敷いてあるマットレスの固さによって微妙に沈み込み方が変わってしまいます。

服を試着するように気軽に枕を試すのは難しいので、自宅で首が楽な高さを知ってから枕を買いに行くのがおすすめです。
バスタオルなどを重ねて高さを調整し、ある程度の目安を知っておきましょう。
枕の素材によって微妙に沈み込み方が違うので確実というわけではありませんが、何も試さずに枕を試すよりは身体に合うものが見つかるはずです。
1番いいのは試してみることなので、ぜひ寝具店に足を運んでみてください。
最近では首の高さなどを測って、自分だけのオリジナル枕を作れるお店もあります。
どうしても良い枕が見つからない方は、オリジナル枕を試すのもいいかもしれませんね。

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?