加齢のサイン?出来てしまった首のしわは改善できる?

手と首は年齢が現れやすいパーツとして有名ですよね!
どんなに肌がきれいでも、首にしわがあるだけで一気に老けて見えてしまいます。
年齢とともに増えていく首のしわは、どうしてできてしまうのかを紹介します。

 

加齢のサイン?出来てしまった首のしわは改善できる?

 

 

 

加齢でなぜ首のシワができるの?


加齢とともに、肌の弾力に必要なコラーゲンやエラスチンは徐々に減少していきます。
弾力があると1度しわがついても元に戻ってくれますが、ハリが弾力がない状態だと、1度刻まれたしわが折り目のように残ってしまい、深いしわへと変わっていきます。
首の皮膚は顔よりも薄く、約二分の一から三分の二程度しかありません。
にもかかわらず、首を動かすことが多いので、顔よりもしわができやすいパーツになっています。

他にも、年齢による筋肉の衰えもしわができやすくなる要因です。
重力に負けずに肌を支えてくれていた筋肉が低下すると、重力に負けて肌がたるみダルっとしたしわにつながってしまいます。
つい顔に意識が行きがちですが、首も加齢の対策をしっかりと行う必要があります。

 

 

そもそもしわはどうしてできるの?


先ほど紹介した加齢による肌の弾力や筋肉量の低下をはじめ、乾燥や表情のクセもしわに関係してきます。
たくさん表情を動かすにもかかわらず、赤ちゃんには一つもしわがありませんよね?
乾燥や肌の弾力の低下は、肌が元に戻る動きを阻害します。
日常生活の中で顔や首の皮膚は動いてしまうので、その動いた時のシワが元に戻ってくれないことでしわができます。
1度深く刻まれるとかなり目立ってしまうので、シワに悩まされる女性も多いです。

 

 

しわを改善することはできるの?


様々なしわの原因がありましたが、それぞれの原因に合わせて対策をとることで、しわを改善することはできます。
年齢とともに減少してしまう部分はそれを補ってあげればいいですし、それ以外に関してもスキンケアなどで対処すればOKです。
問題は、自分のしわが何によってできてしまったのかを明確にすることです。
それさえはっきりすれば、改善策は色々とあるので安心してください!

 

 

まとめ


首のしわに悩まされないためにも、まずは原因を知りましょう。
しかし、1度できたしわをすぐに消すことは難しいです。
早く元に戻ってほしいのはやまやまですが、肌は急激に新しくなるわけではありません。
肌が生まれ変わるのを地道に必要があるので、長いスパンで首のしわ対策を行うようにしましょう。