美顔器でアイケア!クマや目元のたるみを改善するには

目の下がたるんだりクマが目立つと、実年齢よりも老けて見られたり、疲れたような見た目になってしまいます。
人と話をするときは目を見ている場合が多いので、どうしても視界に入ってしまうため印象に残りやすいです。

 

美顔器でアイケア!クマや目元のたるみを改善するには

 

そんな目元のケアをするにはどうすればいいのでしょうか?美顔器を使ったアイケアについて紹介します。

 

 

どうして目元や目の下がたるむの?


目元のたるみの原因の一つは、肌のハリや弾力の低下です。
子どもの頃はプルプルだったお肌も、年齢とともに徐々にハリが低下していきます。
これには、真皮に存在するコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が影響しています。
加齢とともにコラーゲンなどの量が減ってしまい、そこ影響でたるみが生じてしまいます。

また、目の周辺にある表情筋の衰えも、たるみの大きな原因になります。
表情筋は、表情をつくるという働き以外にも、脂肪や皮膚をさせるという働きをしています。
筋力が弱まってしまうと、上にのってる脂肪や皮膚を支えきれなくなり、重力に引っ張られて垂れ下がってしまいます。
こういった原因があるため、ハリの回復と筋力アップがアイケアのポイントになります!

 

 

ハリをアップして筋肉を鍛えるには?


肌のハリをアップさせるには、イオン導入美顔器とLED美顔器がおすすめです。
イオン導入美顔器は、有効成分の浸透を良くするという働きがあります。
その浸透率は、コットンなどで塗った場合の30~100倍ともいわれていて、大きな違いがあります。
コラーゲンの生成を促すビタミンC誘導体、エイジングケアにおすすめのプラセンタなどを含んだコスメを用意してあげれば、
有効成分を深部にまでしっかりと届けて、ハリを改善することができます。

LED美顔器は、光の色によって効果が変わってきます。
中でもおすすめなのが赤色の光で、最も肌の奥まで届く光になっています。
そのため、深部に刺激を与えてコラーゲン生成を促進するため、弾力アップ効果が期待できます。

表情筋を鍛えるのであれば、EMS機能がイチオシです。
微弱の電流を流すことで、筋肉の収縮を促す働きがあります。
エクササイズをしなくても、勝手に筋肉が動いて鍛えられるというイメージになります。
表情筋は他の部位に比べて筋肉が薄いため、トレーニングの成果が出やすいと言われています。
EMSを使ってあげれば、時間と手間をかけずにリフトアップ効果を手に入れることができますよ!

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?