光で美肌に導く!?LED美顔器とは

LEDというと照明に使われるイメージがありますが、そんなLEDを使った美顔器があるのを知っていますか?
LEDが一体どのような効果があるのか、仕組みと効果について紹介します。

 

光で美肌に導く!?LED美顔器とは

 

 

LED美顔器とは


発光ダイオード(light emitting diode)の略であるLEDは、紫外線を含まない光になります。
LRD美顔器は、このLEDの光の色の波長を利用したものになっていて、細胞を活性化する効果があります。
光の色によって波長が異なるので、それぞれ異なった効果が期待できます。
赤色、黄色、緑色、青色といった色の光が使用でき、どういった効果を求めるかによって使い分けることができます。

使い方はとても簡単で、LED美顔器の光を肌にあてるだけです。
肌に直接くっつけることもないため、摩擦による刺激なども生じません。
また、専用のジェルや美容液を用意する必要もないため、ランニングコストがかからないという特徴があります。

 

 

LEDが肌に与える効果


LED美顔器は、光の色によって効果が異なります。

赤色のLEDは、血行を促進する効果が高いため、代謝を良くすることができます。
最も深部に届く色になっているので、肌の内側に刺激を与えてコラーゲン生成を促してくれます。
そのため、肌のハリや弾力をアップする効果が期待できます。

黄色のLEDは、真皮にまで届く光になります。
そのため、肌のターンオーバーを整える働きがあります。
ターンオーバーが行われれば、メラニンが排出されてシミがなくなり、新たな細胞が生まれることで肌のくすみを改善することができます。

緑色のLEDには、色素沈着を薄くする効果があります。
シミやそばかす、ニキビ跡が気になる方や美白効果を求める方にオススメです。

青色のLEDは、他とは異なり肌の表面のみに作用します。
その一方でエネルギーが強いため、殺菌効果が高いです。
ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌する効果をはじめ、活性酸素を取り除く働きもあるため、ニキビや毛穴の詰まりなどにお悩みの方にぴったりです。

このように光の色を使い分けることで、様々な効果を発揮することができるのがメリットの一つなので、
美顔器を選ぶ際にはどの光に対応しているかをチェックするようにしましょう。

 

 

まとめ


LED美顔器は、光をあてるだけというシンプルな美顔器なので、今まで美顔器が続かなかった方でも無理なく継続することができます。
また、準備に手間がかかるわけでもないので、スキマ時間にサッと肌のお手入れが可能です。
なるべく時間をかけたくない!という方にイチオシなので、ぜひチェックしてみてくださいね!