ダイエットが原因?老けて見える首のしわを防ぐには

パッと見は若く見えるけど、実は結構歳をとってるかも・・?と思われてしまう原因に「首のしわ」があります。
いくら顔の肌が若々しくても、首を見れば実年齢がわかる、なんて言われるように、首のしわは、若さを他人が判断するときの要素として結構上位にくるチェックポイントではないでしょうか。

 

ダイエットが原因?老けて見える首のしわを防ぐには



でも、首のしわは加齢だけが原因で出来るわけではありません。
無理なダイエットや、生活習慣でも、首のしわは出来てしまいます。
また、「首のしわ」といっても、しわが出来る場所によって印象も変わりますし、原因も異なります。

 

 

無理なダイエットが首しわの原因となることも


痩せたい!という理由から、絶食などの食事制限をして無理にダイエットをすると、栄養不足になり肌に影響が出てきます。
特に、運動などを取り入れずにダイエットすると、筋肉もやせ細るため肌にハリがなくなります。
そのため顔の肌だけではなく、体全体の肌がたるみ、しわが寄りやすい状態に。
そうすると、皮膚の薄い首の肌にも、しわが付きやすくなってしまうのです。
いくらダイエットに成功しても、首しわがあったり不健康なイメージでは美しいといえませんよね。
首しわの原因とならないような、健康的なダイエットを心がけましょう。

 

 

二重あごなどの顔のたるみが原因の首しわ


二重あごのたるみは、それだけでも老け顔に見えてしまいますよね。
そしてこの二重あごがどんどんひどくなると、首のしわへとつながっていきます。

二重あごは、顔の脂肪や皮膚がたるんであごに集まっている状態です。
あごのまわりの重みが増してたるんでいけば、その分首の肌にもたるみが出てくるというわけです。
ですから、くびのしわを改善するためにも、まずは二重あごを改善しましょう!

 

 

顔やせで二重あごを解消


二重あごは、顔に脂肪がつきすぎていたり、加齢などで肌にハリがなくなり、たるんでしまうことが原因です。
脂肪が多い人は、まずはダイエットをして脂肪を減らすこと!
ただし、無理なダイエットは顔がたるみやすいので、健康的なダイエットを行いましょう。

顔やせするためには、食事制限などではなく、老廃物の排出を促進するリンパマッサージなどむくみを改善するダイエット方法の方がオススメです。
顔に溜まった老廃物がすっきりとすれば、二重あごなどのたるみが改善するだけではなく、肌のハリなども良くなっていきますよ。

 

 

肌のハリ不足で出来る首しわ


首の肌が乾燥して水分が不足すると、ハリが失われて首の皮膚がたるみやすくなり、しわができてしまいます。
加齢によって首のしわが出来やすいのは、年齢を重ねると肌の水分量が減少するためです。

また、加齢だけではなく、乾燥した状態でケアせずに放っておけば、若い人でも首しわの原因になります。
年齢に応じたスキンケアも大切ですが、顔の肌と同じく、どんな年代の人でも乾燥ケアはしっかりと行いましょう。

特に若い方でも注意したいのは、紫外線の影響です。
紫外線を浴びすぎと、光老化といって、肌が老化しやすくなります。
顔はしっかりUV対策をしている人が多いと思いますが、首まで出来ている人は少ないのでは?
日差しを浴びる際は、首までしっかりと日焼け止めを塗りましょう。

 

 

 

姿勢の悪さがつくる首しわ


首にしわが出来てしまう原因のひとつに、「しわがつきやすい姿勢」があります。
いつもニコニコしている人に笑いじわがあったり、逆に不機嫌な表情をしている人の眉間にしわがあったり、人の肌は、繰り返し同じ動作をしている部分にしわが出来やすいですよね。
首も同様に、首にしわが寄るような動作を繰り返し行うことで、どんどんしわが刻まれてしまいます。

デスクワークで下を向くことが多かったり、下を見ながらずっとスマホをいじっていたり・・現代では首にしわができる姿勢を取ることが多いのではないでしょうか。
また、高すぎるまくらを使っていて、寝ている際に常に首にしわが寄っている状態の人も、首しわが出来やすいと言われています。

 

 

首しわを改善するには?


それでは、首しわを改善するにはどうしたらよいのでしょうか?

①無理なダイエットをしない
②二重あごなど顔のたるみをリンパマッサージで改善する
③首の肌の保湿と紫外線対策をしっかりする
④正しい姿勢を心がける

これらを心がけたいですね。

日々の生活できちんとケアしていくことを習慣にして、キレイな首を手に入れましょう!