使わないと効果なし?美顔器にジェルが必要になる理由

美顔器の種類によっては、本体以外に別に用意をしないといけないものがあります。
使用時に使うジェルもその一つです。どうして美顔器を使うために、ジェルを用意する必要があるのでしょうか。

 

使わないと効果なし?美顔器にジェルが必要になる理由

 

 

 

超音波美顔器にはどうしてジェルが必要なの?


ジェルが必要な美顔器として、超音波美顔器があげられます。
超音波美顔器は、人間の耳には聞こえない超音波を使い、1秒間に数万回以上の振動を発生させるというものです。
振動を与えることで血の巡りやリンパの流れが良くなるため、リフトアップやむくみ解消効果が期待できます。

ジェルを使用する理由には、超音波の特性が関係してきます。
超音波は空気中では伝達ができず、水中で伝わりやすいという特徴があります。
そのため、超音波美顔器を使う際には、肌と美顔器の間に空気が入らないようにする必要があります。
そこで活用されるのがジェルです。ジェルを使うことで、美顔器と肌の間に空気の層ができないため、しっかりと振動を肌に伝えることができます。
また、ジェルを使うことで、肌に摩擦ダメージを与えずに済むというメリットもあります。

 

 

美顔器専用のジェル以外はNG?


超音波美顔器専用のジェルには、大きく二つのタイプがあります。
単にお手入れ用のシンプルな成分となっているジェルと、美容成分が配合されているものです。
基本的に両者ともに、保存料や着色料、香料などの余分な成分は入っていません。
なぜならば、美顔器を使った際に成分が肌に浸透してしまうからです。

そのため、不要な成分を含まないジェルであれば、専用でなくても使用して問題ありません。
しかし、油分が含まれていると、超音波の伝達が悪くなってしまいます。
細かく成分をチェックするのが大変という方は、美顔器専用ジェルを使うのがおすすめですよ!

 

 

ジェルの選び方


専用ジェルを使わない場合は、選び方を注意するようにしましょう。
メイク落とし用のジェルは、絶対に使わないようにしてください。
洗浄力が高く界面活性剤などが入っている場合が多いため、それを肌に浸透させてトラブルにつながることがあります。
先ほど紹介したように、油分を含むものもNGです。
水溶性のジェルであるか、余分な成分が使われていないかということをしっかりとチェックしてください。
ジェルの代わりに、乳液やクリームなどを使うのもNGです。
油分が含まれている確率が高いので、美顔器の効果を半減させてしまいます。