事前準備がカギ!家庭用脱毛器の痛みを抑えるには?

ムダ毛の処理は女性にとっては大切な身だしなみのひとつといえますが、
最近では家庭用脱毛器が普及し、自宅で手軽に行えると人気を集めています。
脱毛と聞くと多少の痛みも伴うものだと認識されている人も多いかと思いますが、
家庭用脱毛器についてはどのくらいの痛みを伴うものなのでしょうか?

 

事前準備がカギ!家庭用脱毛器の痛みを抑えるには?

 

また家庭用脱毛器を使用するにあたり、痛みを最小限に抑えるにはどのような事前準備が必要になってくるのでしょうか?
ここで詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

家庭用脱毛器に採用されている光脱毛とは?

 


家庭用脱毛器に採用されている光脱毛の光はIPL(インテンスパルスライト)と呼ばれる、複数の波長を含んだ光を広範囲に照射する光が使われています。
この光はメラニン色素に反応してアプローチををしていく光で、直接ムダ毛の毛母細胞にダメージを与えて脱毛する方法になります。
光脱毛は医療行為ではなく、美容のための施術になります。

 

 

 

 

光脱毛の痛みのはどのくらい?

 


光脱毛の痛みについてですが、単一の波長で熱を集めて照射していくレーザー脱毛と違い、最も痛みの少ない脱毛方法とされています。
具体的な痛みの感触ですが、「輪ゴムではじかれたような痛みで、小さな刺激」という人がほとんどであると言われています。
光脱毛の痛みは、感じ方に個人差はあるとは思いますが、痛みに弱い人でも慣れることができる程度の痛みだと言われています。

 

 

 

 

脱毛時の痛みを和らげる方法とは?

 


脱毛時の痛みを和らげる方法として、光を照射していく部分について、保冷剤などで数秒間冷却していくことがお勧めです。
こうして肌を冷やすことで、痛みを和らげることができますし、肌を熱から保護するメリットもあります。
照射していく箇所には必ず冷却を行っていくようにすると良いでしょう。
また保冷剤についてですが、大きめの保冷剤を使用することで、照射前の冷却と照射後の冷却を同時に行っていくことが可能となるのでお勧めです。

 

 

 

まとめ

 


家庭用脱毛器の痛みについてや痛みを抑える方法などについて紹介していきましたが、いかがでしたでしょうか?
家庭用脱毛器の痛みを抑える方法として、しっかりとした事前準備が必要だということが分かりましたね。
最近では、パワーはそのままで痛みを最小限に抑えた家庭用脱毛器も開発されているようなので、
購入を検討されている人は購入前に口コミや製品説明をよくチェックしてみると良いでしょう。