家庭用脱毛器の疑問…妊娠中は使用NG?

妊娠中でもできればムダ毛のお手入れはしていたいものですよね。
しかし、家庭用脱毛器を使用していて妊娠した場合、このまま脱毛をしていても大丈夫なのかと迷ってしまいませんか?

 

家庭用脱毛器の疑問…妊娠中は使用NG?

 

そこで妊娠中の家庭用脱毛器の使用について紹介していきたいと思います。

 

 

妊娠中の脱毛について

 


妊娠中の脱毛について、美容クリニックやエステでは脱毛を断られたり、通っている場合では、一時的に中断することがほとんどです。
妊娠中の脱毛は、母体や胎児に直接影響を及ぼすという理由からではなく、妊娠によってホルモンバランスが変化するという理由からになります。
ホルモンバランスが著しく変化することによって、妊娠前よりも肌が敏感になり肌トラブルを起こしやすかったり、痛みを感じやすくなったりすることが要因とされています。

 

 

 

家庭用脱毛器ならば妊娠中も使用できる?

 


妊娠中や授乳中については、家庭用脱毛器であっても使用を控える方が安心です。
直接的に母乳や赤ちゃんへの影響はありませんが、上記でも説明したように、肌トラブルの元となる可能性があります。
家庭用脱毛器の取扱説明書でも、「妊娠中や授乳中の使用はお控えください。」と注意書きがあるものがほとんどだと思います。
家庭用脱毛器は誰でも安心安全に使用することが可能ですが、妊娠中などのデリケートな時期の使用は控えたほうがよいでしょう。

 

 

 

妊娠中にどうしてもムダ毛が気になってしまう人は?

 


妊娠中にどうしてもムダ毛が気になってしまう人については、カミソリを使用する方法を選択してみると良いでしょう。
妊娠中のデリケートな肌を傷つけないように、温かい湯船に浸かって毛を柔らかい状態にし、
必ずシェービング用のジェルなどを使用して泡の上から優しくシェービングしていくようにしていきましょう。
処理後には必ず保湿ケアを施していきましょう。
特に刺激の少ないアルコールフリーのローションや、保湿成分の高いクリームなどを使用し、十分な保湿を心掛けていくと安心です。

 

 

 

まとめ

 


妊娠中の家庭用脱毛器の使用について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?
妊娠中はなるべく本格的な脱毛はお休みして、日々変化していくご自身の身体や赤ちゃんのことに専念し、過ごしていくことをお勧めします。
しっかりと自分の肌や身体の変化を自覚して、無理のない範囲でお手入れをしていけたらいいですね。