家庭用脱毛器の疑問…生理中は避けたほうがいい?


最近では脱毛サロンはもちろん、家庭用脱毛器を使用している人も多くなっているかと思いますが、
家庭用脱毛器を使用する上でいくつか注意点がありますが、正しく活用できているでしょうか?

 

家庭用脱毛器の疑問…生理中は避けたほうがいい?

 

その中の一つに生理中は避けたほうがいいのか?という意見も聞いたことがあるかと思います。
ここでは生理期間中の脱毛などについて紹介していきます。

 

 

生理期間中の脱毛について

 


生理期間中の肌は女性ホルモンのバランスが崩れるため、とても敏感になっています。
そのため家庭用脱毛器やカミソリなどのセルフケアは、肌トラブルが起きやすい時期になっています。
生理中の肌の変化として、「肌の水分量が減少し、乾燥しやすくなる」「肌が敏感になる」「免疫力が低下し、肌荒れを起こしやすくなる」などが挙げられます。
肌が乾燥することで、普段ならなんてことのない脱毛の光などが皮膚へ刺激となってしまったり、
雑菌が皮膚内に侵入しやすくなるため、痒みがでたりと肌荒れへと綱がってしまいます。

また体温が高い時はできるだけ脱毛は避けたほうが良いでしょう。
体温が高いときに脱毛を施してしまうと、肌が熱を持って赤くなり、火照ってしまいます。
また毛穴も開いた状態なので、雑菌の侵入も考えられます。

 

 

 

生理期間中の家庭用脱毛器の使用はOK?使う際の注意点

 


生理期間中の家庭用脱毛器の使用については、できれば使用は避けて欲しいところですが、
人体へ害があったりホルモンの分泌などに影響するわけではないので、「使ってもよい」ということになります。
ただ上記でも紹介したように、生理期間中の肌は非常に敏感になっているので、使用の際には以下の点で注意が必要です。

まずは「肌荒れや痛みを抑制するために、照射の前後は、
・必ずは保冷材などで冷やす
・刺激を軽減するために
・照射のレベルを下げる
・乾燥による痛みを軽減するため、保湿を徹底する
などを心がけましょう。

やむを得ず生理中に脱毛を施していく場合には、脱毛前日に充分に保湿クリームや乳液などを使用し、十分に保湿ケアを施していきましょう。
また脱毛後の肌トラブルを避けていくためにも、使用後は必ず十分に使用箇所を冷却していき、保湿もしっかりと行っていくと良いでしょう。
痛みに強そうな箇所のひざ下から照射していき、様子を見ながら脱毛を進めていくこともお勧めです。

 

 

 

まとめ

 


家庭用脱毛器と生理中の使用について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?
もし家庭用脱毛器使用中に肌トラブルが起こってしまった場合は、速やかに皮膚科へ行き、診察してもらってくださいね。


 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?