家庭用脱毛器の疑問…ほくろがある場所はどうする?

家庭用脱毛器が普及している昨今ですが、きちんと注意すべきところを厳守して使用できているでしょうか?

 

家庭用脱毛器の疑問…ほくろがある場所はどうする?

 

家庭用脱毛器は正しい使い方をしていれば安全性が高いものだとえますが、
誤った使い方をしてしまうと危険な場合があるので注意が必要です。
ちなみに家庭用脱毛器を施していく際、ほくろがある箇所についてはどうしたら良いか知っていますか?
ここで詳しく紹介していきたいと思います。

 

 

光脱毛器の仕組みとは?

 


家庭用脱毛には主に3種類ありますが、ここでは「光脱毛」について着目していきたいと思います。
光の力を利用した脱毛方法はフラッシュ式脱毛と呼ばれ、脱毛効果を持つ光を一瞬だけ当てていき、ムダ毛を処理する方法です。
IPL(インテンス・パルス・ライト)という、フラッシュ式脱毛で使用される光は、ある一定の波長を基準
としたもので、毛根に含まれるメラニン色素にアプローチしていく効果がある光です。
毛根に照射していくことで、毛根を破壊していくことが出来るので、ムダ毛を根元から処理できるという仕組みとなっています。

 

 

 

家庭用脱毛器を使う際にほくろがある場所はどうするか?

 


IPL式の家庭用脱毛器は、毛根に含まれるメラニン色素に反応してアプローチをしていく光とされているので、
日焼け後の肌や脱毛を施していきたい箇所にほくろがあったらどうなるのでしょうか?

光の力でムダ毛を処理していくIPL式やレーザー式の脱毛機器は、色素の濃い部分に反応する仕組みなので、
色素が濃ければその分多くの光が集まることになります。
肌細胞に熱エネルギーを与えてしまうので、火傷と同じような状態にさせてしまう恐れがあります。
そのため日焼けした部分や、ほくろがある箇所について処理を施していく場合は、その部分をできるだけ避けて処理を施していくのが安全です。

また、ほくろの部分に絆創膏などを貼るなどして、ほくろを保護して脱毛を行っていくこともお勧めです。
ほくろに限らず、シミがある箇所に関してもマスキングテープなどを保護をしておき、照射しないようにガードしておいた方が安全です。

 

 

 

まとめ

 


光脱毛器の仕組みや家庭用脱毛器を使用する際のほくろの注意点についてなどを紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?
家庭用脱毛器を安全に使用していくためにも、使用の前には十分に説明書を読んで理解し、しっかりと意識しながら使用していくように心掛けていきましょう。


 

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?