首を細く女らしくするダイエットとは

細い首は女性らしく守ってあげたくなるような印象を与えます。
でも、首の太さって生まれつきで今更どうにかなるものではないのでは?と思って諦めている皆さん!
首も体の他の部位と同じく、ダイエットすることが可能ですよ。

 

首を細く女らしくするダイエットとは



今回は、首が太くなる原因と、首のダイエットについてご紹介します。

 

 

首が太くなる原因は、首こりと頭皮にある!?


首の太さは、単純に脂肪がついている場合であれば、通常のダイエットで落ちるはずです。
でも、ほかは痩せているのに首だけが太い・・、ダイエットをしても首は細くならない・・というのなら、もしかしたら「こり」が原因かもしれませんよ!

 

 

 

首こりの原因はスマホの見過ぎ!?


人の頭は体の中でも特に重い部分で、約5kgはあると言われています。
通常、首の骨はその重い頭を支えるために、前に向かって反った状態になっています。
ですが、猫背や下を向いた状態では首の骨はまっすぐな状態になり、骨だけでは頭を支えることができず、筋肉の支えが必要となります。
更にそのような姿勢を長く続けていると、重い頭を支えるために、首の筋肉が緊張し、首のコリに繋がっていきます。
特に最近では、いつでもどこでもスマホを覗き込んでいる人が増えましたよね。スマホを見るときは、小さい画面を目を凝らして見ようと、どうしても下を向き背中がまるまった状態になると思います。
こういった不自然な姿勢を続けることが、首こりの原因となるのです。
また猫背の姿勢は、それだけでも首が太く短く見えてしまいます。

 

 

頭皮のこりで、首の血流が悪くなっている


首こりの原因には、実は頭皮のこりも関係してきます。
血流は、体全体をめぐっているのですから、頭皮がこって血行が悪ければ、自然とその下の首の血流も悪くなるわけです。
頭皮のこりは、他にも薄毛などの原因となるだけでなく、頭痛を引き起こしたり、顔のたるみに繋がっていく場合もあります。

首こりがあったり、頭皮の血流が悪いと、首によけいな老廃物が溜まって太く見えたり、たるみが出て太く見えたりします。
どんなにダイエットしても首が細くならない、という人は、一般的なダイエットだけでなく、まず頭皮や首のこりをとって血流を改善しましょう

 

 

首こりを解消するマッサージ


重い頭を支えるために使われている筋肉をほぐして、首こりを解消するマッサージです。

①まず正しい姿勢で正面を向いた状態から、ゆっくりと頭を右へ向けます。
右を向いた状態で首を触ってみると、耳の後ろから鎖骨の方までくっきり浮き出た筋肉が分かると思います。

②浮き出た筋肉と鎖骨がぶつかる部分に、左手の親指の腹を当て、押しこむように押します。
硬い筋の感触が有ると思いますので、そこを指の腹で円を描くようにほぐしていきます。
少し痛いくらいの力で押しましょう。

③筋肉の筋のラインをたどって徐々に上に移動しながらほぐしていきます。右側が終わったら、左側も同様に行います。

 

 

首こりを解消するストレッチ


首こりを解消するには、まずは首周りをほぐしていくストレッチが効果的です。

 

 

肩回し


まっすぐと正面を向いた状態で、両肩に両手を起きます。(手はクロスせず右肩には右手、左肩には左手を置きます。)
そのままの状態で、まずは後ろの方向に肩を大きく回します。これを10回。
次に反対側に10回回します。座った状態でも行うことができます。

 

 

肩甲骨ストレッチ


正しい姿勢で立ったまま行います。
まず、両手を腰のあたりで組みます。
そのままカラダを前にかがめ組んだ両腕がまっすぐ天井を向くようにしてください。
その状態で10〜20秒キープし、ゆっくりと戻します。

ストレッチは間違った方法で行うと、体の他の部分に負担が掛かったりする場合があります。
体が固い人は、ストレッチ自体の動きが辛くて挫折してしまうこともあります。
自己流など、むやみに行わず、首周りの血流を促すような簡単なものから始めてみましょう。