女性の薄毛対策はどうすればいい?薄毛のためのNG習慣とは

「髪のボリュームが少なくなった気がする....」という悩みはありませんか?
人間の髪は1日に思っている以上に抜けますが、髪が細くなることで全体的に薄くなってしまったように見えてしまいます。

 

女性の薄毛対策はどうすればいい?薄毛のためのNG習慣とは

 

 

薄毛の原因は様々ですが、もしかしたら普段何気なくおこなっている習慣が関係しているかもしれません!
今回は、薄毛を引き起こすNG習慣を紹介します。

 

 

過剰なダイエット


女性であれば、スリムで細い身体になりたいという願望がありますよね。
それを実現するためにダイエットに取り組む方が多いですが、中には極端な方法で痩せようとしてしまう場合があります。
特に食事制限を行う際、身体に必要が栄養素を考えておかないと、栄養不足ななってしまうことも。
材料がなければ物は作れませんが、同じように、体に十分なたんぱく質とそのほかの栄養素がないと、健康的な髪は生えてきません。

 

 

間違ったシャンプー方法


頭を洗うとき、髪を洗うことに集中してしまいますが、シャンプーの本来の役割は地肌の汚れを落とすことです。
そのため、シャンプー方法が間違っていると、頭皮の汚れがきちんと落ちず、毛穴の詰まりが残ってしまいます。
シャンプーをしすぎたり、爪を立てて洗う行為もNGで、頭皮にダメージを与える一因となります。

 

 

喫煙

タバコは「百害あって一利なし」と言われますが、肌だけではなく髪にも影響を及ぼしてしまいます。
ニコチンの作用で血管が収縮し、血の巡りが悪くなります。
血流が悪いと、頭皮に栄養や酸素が行き届いてくれなくなるので、髪が成長するうえで必要な栄養が足りなくなります。
その結果、髪が薄くなってしまうことにつながるのです。
 

ストレスをため込む


家庭に職場、女性にはストレスを感じる場がたくさんあります。
ストレスはホルモンや自律神経のバランスを崩してしまいます。
女性ホルモンが乱れると、男性ホルモンの影響が出やすくなり薄毛になる可能性が高くなります。
また、自律神経の乱れは血行を悪くしてしまうので、頭皮環境の悪化にもつながります。
薄毛になることで、よりストレスがかかって薄毛が悪化するなど、悪循環に陥ってしまうことも多いです。

 

 

まとめ


いかがでしたか?今回紹介した以外にも、薄毛にNGな習慣はたくさんあります。
まずは、自分の生活習慣を見直し、原因をはっきりとさせておきましょう。
そうすれば、薄毛に悩まされない健康的な髪をキープすることができますよ。