つむじが目立ってきた!?女性に多い薄毛の特徴

薄毛といえば男性に多い髪の悩みだというイメージが強いですが、実は多くの女性が薄毛に悩んでいると言われています。

 

つむじが目立ってきた!?女性に多い薄毛の特徴

 

 

髪が薄くなってしまうと、頭が気になってしまい外出するのもおっくうになってしまうという場合も.....。
女性の薄毛にはどういった特徴があるのでしょうか。その原因を考えていきましょう!

 

 

女性に多い薄毛の特徴


そもそも女性と男性では、薄毛の広がり方が異なります。
男性は生え際から徐々に薄くなっていくM字型の薄毛や、頭頂部がピンポイントで薄くなるO字型の薄毛が多いです。
それとは逆に、女性は全体的に薄くなるびまん性の薄毛になる方が多いです。
そのため、髪のボリュームのなさや、分け目やつむじが目立つような症状に悩まされる場合がほとんどです。
周りを見渡してチェックしてみても、このように男性と女性で薄毛に違いがあることが見てとれるかと思います。

 

 

つむじ周辺が薄くなる原因


先ほど紹介したように、女性の場合頭頂部が完全にはげてしまうのではなく、薄くなってしまうことが多いです。
その原因の一つとしてあげられるのが、パーマやカラーです。
オシャレのための定期的にパーマやカラーを行う方がほとんどですが、そうしても髪や頭皮に負担がかかってしまいます。
施術の間隔が狭いと徐々に負担が蓄積し、薄毛へとつながっていきます。

次に、ホルモンバランスの乱れも、薄毛に大きな影響を及ぼします。
男性ホルモンには薄毛を促進する働きがあるのですが、逆に女性ホルモンには髪の成長を促進する働きがあります。
そのため、女性ホルモンのバランスが乱れることで、男性ホルモンが優位になってしまい薄毛が進んでしまうことに。
更年期や産後などの女性ホルモンの分泌が減少するタイミング以外にも、極端なダイエットはホルモンのバランスを乱すことにつながります。
薄毛予防&女性らしいカラダをキープするためにも、ホルモンバランスの乱れには注意しましょう。

食生活も、髪の状態に関係があります。
女性の多くは甘いものが好きで頻繁にスイーツを食べますが、これは過剰な皮脂分泌を招いてしまいます。
皮脂が多いと毛穴が詰まってしまい、髪が生える地肌の状態が悪くなります。
もちろん甘いもの以外にも、栄養バランスの偏った食事や、ダイエットによる栄養不足も地肌環境を悪くする一因です。
3食きっちりとバランスの良い食事をとり、スイーツやジャンクフードを控えるのがポイントです。