太もも外側ダイエット!下半身が太く見える外太ももを痩せる!

最近脚の太さが気になる..。
他は太っていないのに、なぜか太ももの外側ががっしりとしていて、下半身全体が太く見えてしまっているという問題に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

 

太もも外側ダイエット!下半身が太く見える外太ももを痩せる


ファッションが好きな人でも、パンツやミニスカートなどは脚の太さが気になって着たい服が着られないことも。
一体どうして太ももの外側が太くなるのでしょうか?今回はその理由と、解消法を紹介します。

 

 

太ももの外側が太る原因は?


原因の一つは骨盤のゆがみです。
骨盤がゆがむことで股関節がねじれてしまい、脚の付け根にある大転子と呼ばれる骨が外側に出てきてしまいます。
その骨を支えるために太ももの外側に力が入ってしまい、結果として余計な筋肉がついてしまいます。

また、骨盤のゆがみにより代謝も下がってしまうため、老廃物やむくみが解消されずセルライトとして太ももに定着してしまいます。
下半身は心臓から遠いこともあり、血液や水分の巡りが悪いです。そんな場所にセルライトができてしまうと、なかなか解消することが難しくなってしまいます。

 

 

太ももの外側ダイエットに効く正しい姿勢と歩き方


姿勢や歩き方を正しくすることで、体のゆがみを正してあげましょう。
どちらも日常的に行うことなので、間違った癖があるとそれだけでも体がゆがんでしまいます。

まずは立った状態の姿勢です。最も重要なポイントは、骨盤を立ててあげることです。
お腹にキュッと力を入れて立つことで、お尻が出っ張らず、自然と背面がS字カーブを描きます。
肩甲骨を寄せて胸を張りますが、やりすぎには注意です。
骨で立つように自然に体勢をキープできるようにしてくださいね。

歩き方は、意識するべきポイントがたくさんあります。
しかし、気にしすぎるとうまくいかないので、重心の乗せ方だけしっかりと気をつけるようにします。
重心は前に運ぶようにして、脚が前に出てきて楽に歩けるような状態を作ってあげます。
重心を前に持っていくと、自然と脚がうまく動きますよ!

 

 

太ももの外側ストレッチ


太もも周りにアプローチをするストレッチは色々とありますが、今回は大転子をひっこめるストレッチを紹介します。
直接太ももの外側を刺激するわけではありませんが、外側が太る原因なので、正しい位置に戻せば自然と外ももに効いてきます。

① 両肩を肩幅よりも広めに開いて立ちます。
② 右の大転子に両手をあて、左足先を外に向けます。
③ 大転子を内側に押し込み、左ひざが曲がるような状態になるまでしっかりと押してあげます。
この動きを左右10秒ずつ行ってみてください。圧をかけることで、骨がもとの位置に動いてくれます。

 

 

太ももの外側を細くするマッサージ


老廃物を流し、セルライトをつぶすには、リンパマッサージがおすすめです。
まずは、肌を痛めてしまわないように、オイルやクリームを塗ってあげてください。
次に、太ももの外側を雑巾絞りし、お肉をひねってあげます。
膝上から脚の付け根にかけて、徐々にもみほぐし柔らかくしてあげましょう。
ほぐし終わったら、脂肪を押しつぶしていきます。
親指と人差し指を使って、押しつぶしながら上にスライドさせてください。
最後に両手でこぶしを作り、膝から脚の付け根までしっかりと流してあげます。
この流れを一通り行うだけで、太もものハリがスッキリしますよ!

 

 

まとめ


太ももの外側に脂肪がつく原因は、ゆがみに原因がありましたね!
体の中にあるので、自分の骨盤がゆがんでいることを知っている方は少ないですよね。
正しいケアをしてあげれば、ゆがみはもとの状態に戻ります。
マッサージにストレッチなどを合わせて行い、スッキリ細い太ももを目指していきましょう。