なんとかしたい!口周りに繰り返すニキビの原因

思春期におでこによくできていたニキビは、大人になるにつれて徐々にできる場所が変わっていきます。

 

なんとかしたい!口周りに繰り返すニキビの原因

 

口周りのニキビは大人ニキビの典型で、目立つ位置にあるのでどうしても気になって触ってしまうこともしばしば....。
繰り返しできる口周りのニキビに苦しまないためにも、その原因と対策法を知っておきましょう。

 

 

口周りにできるニキビの原因とは


口周りが繰り返される大きな原因は、体の内側にあります。
胃腸が弱っているときに口周りに症状が出やすいと言われているので、何度も出るという場合には胃腸に問題がある可能性が高いです。
胃腸は暴飲暴食やストレスの影響を受けやすいので、食生活や生活習慣の乱れ、そのほかのストレスなどから、肌にトラブルが出ます。
胃腸は肌以外にも、胃痛や貧血などの症状にもつながるので注意をしてあげる必要があります。

また、内側だけではなく、外部からの刺激もニキビができる原因になります。
口周りは皮膚が薄いため、手や髪などの刺激でダメージを受けやすくなります。
特に、顔のムダ毛処理をしている方は、カミソリのダメージが大きいので細胞にダメージが蓄積してしまっています。
細胞がダメージを受けると、肌が乾燥しやすくなりそれを改善するために過剰な皮脂が分泌されます。
その結果ニキビができやすい肌環境になっていくのです。

 

 

口周りのニキビ対策


すでに紹介したように、ニキビの原因は胃腸にあります。
そのため、胃腸をいたわってあげるのが1番の対策になります。
暴飲暴食はしないように、胃腸に優しい食事をとるようにしましょう。
3食栄養バランスの良い食事を用意してあげるのがポイントです。
どうしても栄養不足になりやすいのであれば、うまくサプリメントを使ってみましょう。

もちろん食生活だけではなく、生活習慣の見直しも必要です。
眠りの質を上げて体がしっかりと休息できる環境を整え、定期的な運動をしてストレス発散をしてあげましょう。

肌への刺激を軽減するために、保湿をして肌のバリア機能を高めていきます。
肌が乾燥してしまうと、外部の刺激に敏感になりやすいです。
セラミドやヒアルロン酸などの高い保湿成分を含む化粧品を使い、肌に潤いをチャージしましょう。
カミソリなどでムダ毛処理をする際には、シェービングフォームやクリームを使い、アフターケアを忘れないようにしてください。
そうすれば、刺激に強い健康的な肌を手に入れることができます。