カサカサ、ひび割れ・・・口周りの乾燥の原因と対策は?

白く粉が吹いたような口周り、話すたびに痛むひび割れ、口周りの乾燥は様々なトラブルにつながります。

 

カサカサ、ひび割れ・・口周りの乾燥の原因と対策は?

 

同じスキンケアをしているのに、どうして他よりも乾燥してしまうのでしょうか?
今回は、口周りの乾燥の原因と対策について紹介します。

 

 

口周りで起きやすい乾燥トラブル


口周りが乾燥をしてしまうと、表皮がめくれあがってしまい、白く粉っぽく見えることがあります。
ファンデーションをしても粉ふき状態が目立つので、冬場にはこれに悩まされる女性が多いのではないでしょうか?
また、乾燥が悪化することで、口角や唇の真ん中がぱっくりとひび割れて避けてしまうこともあります。
痛みからつい舌で舐めてしまうことがありますが、それをするとより乾燥してしまうので要注意です。

これらのトラブルを引き起こす乾燥は、湿度が下がって乾燥する冬に多いです。
しかしそれ以外の季節も油断はできません。
口の周りは目元と同じく皮膚が薄くなっているので、刺激にとても弱いです。
肌が擦れたり、口元を掻いたりするだけでもダメージを受けてしまうので、口周りはトラブルを起こしやすい部位だと言えます。

 

 

口周りの乾燥の対策方法


まずは、空気の乾燥から身体を守ってあげましょう。
加湿器を活用すれば、室内の湿度を上げることができます。
特に冬は空気が乾燥しやすいので、加湿を忘れないようにしましょう。
口元への刺激を避けるにはマスクがおすすめです。口周りを覆うことで保湿効果もあり、口周りの乾燥を防ぐことへもつながります。
マスクをしておけば無意識に口に手がいくこともなくなりそうですね。

刺激を避けるという点では、食べる食材にも注意をしましょう。
山芋やパイナップルなどには、針状結晶の成分が含まれていて、チクチクと肌に刺激を与えてしまいます。
肌の調子が悪い自覚があるときは、これらの食材を避けるようにしてください。

最後に、最も基本的な保湿ケアを重点的に行います。
部分的に保湿力が高いクリームなどを使うのもおすすめです。
セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどは、保湿効果の高い成分です。
これらの成分が含まれた基礎化粧品をチェックしてくださいね。

 

 

まとめ


口周りの乾燥は、見た目だけではなく痛みを伴う症状が多いので、できれば避けたい肌トラブルです。
季節に合わせてスキンケアを変えれば、乾燥に負けない健康的な肌をキープすることができますよ。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?