肌荒れ、吹き出物、口角炎…口周りに多いトラブルは?

人と話していると、自然と相手の口周りに目が行きますよね。
もし口周りに肌トラブルが起こっていると、ついつい目が....という方も多いのではないでしょうか?
今回は、口周りに起こりやすいトラブルを紹介します。

 

肌荒れ、吹き出物、口角炎…口周りに多いトラブルは?

 


まず一つ目にあげられるのは「ニキビ」です。
一つでもできてしまうと、かなり目立ってしまいます。
口周りのニキビの原因は、胃腸などの内臓が弱っていることです。
胃腸と肌は密接な関係にあり、胃腸が不調だと、唇が荒れたりニキビができやすくなります。
内臓以外にも、寝不足やストレスが大きく影響するので、規則正しい生活を送り、バランスの良い食生活を送るようにしましょう。暴飲暴食はNGですよ!

二つ目は「口角炎」です。
唇の両端が切れて炎症を起こした状態で、せっかく治りかけても口を動かしてかさぶたがとれ、また切れるという負のスパイラルに入ることも。
ビタミン不足や生活習慣の乱れ、カンジダというカビが原因である場合が多いです。
ビタミンB2が不足すると、口角炎の発症率が上がると言われているので、ビタミンB2を多く含む納豆や卵を食べるようにしてください。

三つ目の「乾燥」は、誰もが経験したことのある口周りのトラブルではないでしょうか?
白く粉ふき状態になると、メイクのノリも悪くなってしまいます。
冬場の空気の乾燥などが関係してきますが、他にも口周りの産毛処理でカミソリを使っていることも、乾燥の原因になる可能性が高いです。
カミソリは、毛とともにどうしても肌を削り取ってしまいます。
アフターケアをしていれば問題ありませんが、それを怠っていると乾燥につながってしまいますよ。

最後に「赤み」です。その原因のほとんどが、外部からの刺激です。
紫外線や摩擦などが影響してきます。
口周りは服や髪などと接触しやすい部位で、ついつい掻きむしってしまうことが多いです。
赤みが出てしまうと見た目もかなり目立ってしまうので、厚化粧でカバーしてしまいがちです。
動きの多い口周りを厚塗りしてしまうと、メイク崩れが酷くなるので注意してくださいね!
刺激に負けないように保湿ケアをおこなって、肌のバリア機能を高めてあげましょう。

いくつか口周りのトラブルを紹介しましたが、気になる症状はありましたか?
何が原因でそのトラブルが起きたのかを考え、それに合った対策をとって肌を健康な状態に戻してあげてくださいね。