ふくらはぎを温めて代謝アップダイエット!

「冷えは万病のもと」と言いますが、ふくらはぎが冷えてしまうと下半身全体に悪影響があります。

 

ふくらはぎを温めて代謝アップダイエット!

 

女性はオシャレのために足を出すファッションをすることが多いので、特にふくらはぎが冷えやすいです。
ふくらはぎが冷えるとどうなってしまうのでしょうか?

 

 

ふくらはぎの役割


ふくらはぎは、人間の身体の中でも重要な役割を果たす部位です。
「第二の心臓」ともいわれていて、下半身の血液を心臓に押し戻すポンプの働きをしています。
人間の血液の約70%が下半身に集中していると言われているので、その影響力は絶大です。
ふくらはぎの状態が良ければ、このポンプ機能がうまく働き、全身に血液が行き渡ってくれます。
血液は栄養と酸素を運び、二酸化炭素や水分を回収する役割があります。
ふくらはぎが冷えてしまうことで血流が悪くなると、栄養や酸素が隅々まで届かず、余分な水分も回収されずたまってしまいます。
その結果、冷え性やむくみ、様々な不調が起こりやすくなります。
血液が多いふくらはぎを冷やすということは、全身を冷やしているようなものです。
ぜひ1度自分のふくらはぎを触って、どれだけ冷えているのかということを確認してください。

 

 

ふくらはぎを温めるメリット、温め方


ふくらはぎが冷えると全身に影響が出るということは、逆に言うと温めると全身に良い効果があるということです。
ふくらはぎを温めて70%の血液にアプローチをしてあげれば、その血液が全身巡って冷え性の改善につながります。
また、ふくらはぎのポンプ機能がしっかりと働くようになり、酸素と栄養が行き渡って余分な水分が回収されるので、代謝もアップします。
そうすればダイエット効果も期待できますよ。

ふくらはぎを温めるには、まず服装の見直しから始めましょう。
露出をして冷たい外気に触れていると、どうしてもふくらはぎが冷えてしまいます。
厚手のタイツを履いたり、寒い時はスカートではなくパンツを履くなどの対策をとってください。

次にマッサージやツボ押しで血流をよくし、ふくらはぎを温めていきます。
足首から膝裏までマッサージをして、滞った老廃物やリンパを流してあげましょう。
「三陰交」や「懸鐘」などのツボを押してあげると、ふくらはぎを温める効果があります。
お風呂上りにぜひおこなってみてくださいね。

 

 

まとめ


ふくらはぎが冷えているという自覚がある方は少ないですが、ほとんどの女性のふくらはぎは冷えていると言われています。
ふくらはぎを温めて血の巡りを良くし、代謝を上げればダイエット効果もありますよ!

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?