ほっそりしたふくらはぎを手に入れるストレッチとは

むくみや疲労でお疲れモードのふくらはぎ。
スッキリと美しいラインのふくらはぎは、女性の憧れです。
ふくらはぎをほっそりとするには、マッサージでむくみを解消するだけではなく、運動をして筋肉の柔軟性を保つことが重要になります。

 

 

ほっそりしたふくらはぎを手に入れるストレッチとは

 


しかし、なかなか運動の時間が取れないですよね。
そんなあなたにおすすめなのがストレッチです!簡単ながらも、筋肉の柔軟性をしっかりとキープしてくれますよ。

 

 

ふくらはぎのストレッチの効果


ふくらはぎを触ってみてください。カチカチに固まっていませんか?
足の血液を心臓に戻す役割を果たすふくらはぎは、いわばポンプのような存在です。
そんなポンプが固まってしまうと、うまく血液を戻すことができません。
ふくらはぎが固くなる原因には、筋肉の柔軟性の低下があげられます。

この柔軟性を取り戻すのがストレッチです。
ストレッチをおこなって筋肉の緊張を取ってあげれば、少しずつ筋肉が柔らかくなります。
座り仕事や立ち仕事、高いヒールを良く履くという方は、しっかりとふくらはぎのケアをしてあげましょう。

 

 

ふくらはぎストレッチの方法


まずは腓腹筋を伸ばしていきます。
壁に両手をつけて前傾姿勢になり、かかとをつけたまま足を前後に広げます。
このとき足の開きを調整することで、ストレッチの負荷がコントロールできます。
前にある脚の膝を曲げ、後ろは伸ばしておきます。腓腹筋が伸びているのを感じられればOKです!
足を入れ替えて同じようにおこなってください。

次にタオルを使ったストレッチです。
これはむくみ解消効果もあるので、ぜひ毎日行っていただきたいです。
仰向けで寝転び、片足の裏にタオルをひっかけます。
その状態で足を天井に向かって持ち上げてください。
このとき、深く呼吸しながらゆっくりとあげましょう。
膝を伸ばしたまま、3~5分キープします。
重力の影響で、足にたまった血液やリンパ液が心臓にもどっていくので、足のむくみが気になる方にオススメです。
反対側も同様におこなってください。

 

 

まとめ


ストレッチは、寝る前のちょっとした時間に簡単におこなえるお手軽なふくらはぎケア方法です。
ここで数分使ってあげるだけで、次の日の足の軽さが全く異なります。
ふくらはぎのポンプ機能がしっかりと働ければ、自然と血流が良くなり、ほっそりとしたふくらはぎを手に入れることができます。
柔軟性を保っていれば怪我にもなりにくいので、ぜひ毎日のストレッチを習慣にしてください。