太いのは筋肉が原因?ふくらはぎをほっそりさせるには

しなやかなふくらはぎの筋肉は、美脚にとって大切な存在です。
しかしとにかく筋肉をつければいいというわけではなく、適切な場所に筋肉がつかないとむしろ足が太く見えてしまいます。

 

太いのは筋肉が原因?ふくらはぎをほっそりさせるには

 


そうしてふくらはぎ太りの原因に筋肉が関係してくるのでしょうか。

 

 

筋肉の種類に着目


陸上選手を思い浮かべてみてください。
同じアスリートでも、長距離ランナーは足が細いのに、短距離ランナーはがっしりとしたふくらはぎをしていますよね。
筋肉には速筋と遅筋が存在していて、長距離ランナーは遅筋のほうが発達しています。
速筋は無酸素運動時に使われる筋肉で、遅筋は有酸素運動で使われる筋肉です。
このことから分かるように、すらりとしたふくらはぎを手に入れるには、遅筋を鍛えてあげるのがポイントになります。

また、日常生活における歩き方のクセも、筋肉太りを引き起こす原因になります。
膝を曲げて歩く癖があったり、高いヒールを頻繁に履いていると、ヒラメ筋が刺激されて大きくなってしまうので、要注意です!

 

 

筋肉太りのふくらはぎをほっそりさせるには


まずは固まってしまった筋肉をほぐして、筋肉が動きやすい状態を作りましょう。
固いふくらはぎは筋肉がついているから問題なさそうですが、筋肉は本来力を入れてないときは柔らかいものです。
常に緊張状態になっているようなものなので、マッサージでこわばりを取ってください。

次に必要な筋肉のみをキープし、余分な筋肉を落とします。
無酸素運動は速筋を鍛えることにつながってしまうので、やりすぎないようにしてください。
また、自転車に乗るとき、坂道で立ちこぎをしたりスピードを上げて思いっきりこぐのもNGです。歩き方や靴も見直すようにしてください。

遅筋を鍛えるには、縄跳びや踏み台昇降運動、ジョギングがおすすめです。
ストレッチやヨガも効果的ですよ。
適度な運動を続けないと必要な筋肉まで落ちてしまうので、定期的な運動を行うようにしてください。

 

 

まとめ


ふくらはぎの筋肉太りは、足をがっしり見せてしまうので、女性らしいボディラインにとって大敵です。
筋肉は使わなければ落ちていくので、今筋肉がつきすぎていても安心してください!
筋肉のつき方と質を変えていくことで、ふくらはぎのラインは美しく整っていきます。
すぐに変えることは難しいので、じっくりと長期プランで太もも太りを解消していきましょう。

 

 

 

 

 

 

この内容で送信します。よろしいですか?